SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

クレーンメーカーのタダノが「SAP Commerce Cloud」を採用 顧客に感動サービスを

 SAPジャパンは、タダノが「SAP Commerce Cloud」を採用したと発表した。なお、システムの構築および運用管理はECENTA(ECENTA ASIA PACIFIC PTE)が担当し、既に開始しているという。

 タダノは、建設用クレーン、車両搭載型クレーン、高所作業車などを製造・販売する建設機械メーカー。同社は、ステークホルダーとのコミュニケーションポータル(保守部品注文システムなど)を提供してきたが、システムの老朽化にともない、カスタマーエクスペリエンスの向上が求められていた。また、「ONE TADANO」として、海外拠点も含めたグループ全体の総力で顧客に感動サービスを提供することを目標にしており、共通のプラットフォームの構築も求められていたという。

 そこで、新システムを検討し、以下の目的を実現することから、SAP Commerce Cloudを選択した。

  1. システムの24時間365日の安定稼働
  2. シンプルな操作・画面によるカスタマーエクスペリエンスの向上
  3. 機能の変更・追加が容易に可能な柔軟性のあるシステム
  4. 多言語・多通貨・税制対応、セキュリティ対応などのグローバル対応
  5. グループ連携可能な業務運用管理、問い合わせ管理、在庫管理

 同社は今後、さらなるグローバルビジネス拡大およびカスタマーエクスペリエンス向上のために、顧客価値の発掘、デジタルインフラの整備、企業文化の変革に取り組むとしている。

【関連記事】
富士通、古河電工の基幹業務システムを「SAP S/4 HANA」に刷新 12部門の業務を標準化
企業存続にデジタル変革が重要と考える中小企業はわずか4割未満 SAPがレポートを公表
豊田通商が「SAP SuccessFactors」を採用 「適所適材・適材適所」進める

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15995 2022/05/17 16:10

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング