SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本製鉄、財務業務システムに「SAP S/4HANA」を採用 極力アドオンを行わずに導入進める

 SAPジャパンは、日本製鉄が、「SAP S/4HANA」およびグループ経営基盤実現のためのコンポーネント「SAP S/4HANA for central finance」、データウェアハウスの「SAP BW/4HANA」を採用したと発表した。なお、日鉄ソリューションズが導入に関わるプロジェクトマネジメントおよびシステムインテグレーションを担当するという。

 日本製鉄財務部門では、自前システムから脱却し、各製鉄所の財務関連業務をグローバル標準に合わせるとともに、トランザクションの全社集中処理化・自動化を図ることで、リソースを付加価値生産型の業務へシフトすることを目指しているという。同社は、SAP標準プロセスに、同社の制度会計の主要プロセスである債権管理、債務管理、一般会計等の適合を確認(Fit to standard:業務の適合可能性確認)。可能であると評価したため、採用に至ったという。

 今後は、SAP ERPパッケージの標準プロセスについて、極力アドオンを行わずに導入することを方針とし、SAP S/4HANAの導入を進める予定だとしている。

【関連記事】
味の素、クラウド調達システム「SAP Ariba」導入で間接材調達購買業務を最適化
IBM、SAPとのパートナーシップを拡大 「S/4HANA」に移行で自社の変革進める
花王が「SAP Analytics Cloud」を採用 グローバル管理会計情報の処理時間を9割削減

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16061 2022/05/27 18:50

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング