SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

「Miro for Google Meet」を提供開始 ハイブリッドワークに対応

 Miroは7月13日(現地時間)、Miro for Google Meetを提供開始したと発表した。

画像を説明するテキストなくても可

 Google Workspaceとの提携により実現した統合により、アプリを切り替えることなくMiroを起動し、新規または既存のボードでコラボレーションを開始できるという。また、Googleカレンダー用のMiroアドオンにより、ミーティング主催者がGoogleカレンダーの招待にMiroボードを添付することで、参加者がミーティング内容を事前に把握し、共同作業の準備を行うことも可能だ。

 なお、Miro for Google Meetの使用には、サインインやサインアップは不要なため、誰でも使用できるとしている。

 Miroの最高製品責任者であるVarun Parmar氏は、次のようにコメントした。「これからのワークスタイルはハイブリッドであり、組織はこれまでのミーティング形式を見直す必要があります。特に、同じミーティングにおける対面参加者と遠隔参加者との間のギャップを埋めることが求められます。Miro for Google Meetは、従業員のエンゲージメントを修復するための新しい形のミーティングスタイルを提供します」。

【関連記事】
オンラインホワイトボードの「Miro」が日本語に対応 NECはアジャイル開発で活用
東芝グループ、ハイブリッドワークの環境整備 KDDIとシスコが「Cisco Umbrella」導入
コンカーがハイブリッドワークを導入 社員アンケート実施で満足度も確認

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16336 2022/07/20 11:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング