SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

カスペルスキー、Linuxベースの組み込み機器向けセキュリティアプリケーションを提供

 カスペルスキーは、Linuxベースの組み込み機器向けセキュリティアプリケーション「Kaspersky Embedded Systems Security for Linux」(以下、KESS for Linux)を提供開始。法人を対象とし、パートナー経由で販売する。

Kaspersky Embedded Systems Security for Linux概要
Kaspersky Embedded Systems Security for Linux概要

 「Kaspersky Embedded Systems Security(KESS)」は、ATMやPOSなどの組み込み機器向けのセキュリティアプリケーション。既に提供済みのWindowsベースの組み込み機器を保護する「KESS for Windows」に加えて、今回新たにKESS for Linuxを同一ライセンスで提供するとしている。

 KESS for Linuxには、セキュリティ機能と管理機能を提供する「Kaspersky Embedded Systems Security」と、システム変更監視機能とコンテナスキャン機能を追加実装した「Kaspersky Embedded Systems Security Compliance Edition」の2種類がある。KESS for Linuxを導入することで、進化し続ける高度な脅威から組み込み機器を保護し、システムの堅牢化を実現するという。主な機能と特徴は以下のとおり。

組み込み機器向けに最適化

 帯域の狭いネットワーク、ローエンドハードウェアに搭載された組み込みシステムなど、リソースに制限のある環境でも動作プロセスに影響が出ないよう設計、最適化している。不要なプロセスでOSに負担をかけることなく、デバイスの安全な動作を保証するとしている。

多層防御

 リアルタイムおよびオンデマンドスキャン、Web脅威対策、ネットワーク脅威対策といったアンチマルウェア機能に加え、管理機能としてファイアウォール管理、許可されていない外部接続機器の利用を制御するデバイスコントロール、許可されていないアプリケーションの起動を制御するアプリケーション起動コントロールなどにより、システムの堅牢化を支援。ランサムウェアによる共有フォルダの暗号化を防止するアンチクリプター機能や、悪意のあるアクティビティを検知するふるまい検知機能といったセキュリティ機能を搭載し、一つのアプリケーションで多層防御を実現するという。

管理機能で端末を集中管理

 KESS for Linuxがインストールされた端末を集中管理するための管理コンソール「Kaspersky Security Center」は、厳格なポリシーの適用および管理、コスト削減といったビジネスニーズに応じてオンプレミスまたはクラウドSaaSの管理コンソールから選択可能。スタンドアロン運用の場合も、各セキュリティ、管理機能の設定やスキャンタスクの作成、実行などをコマンドラインから管理コンソール利用時と同様に設定可能だとしている。

オンプレミス管理コンソール画面例(Kaspersky Security Center)
オンプレミス管理コンソール画面例(Kaspersky Security Center)
コマンドラインでのスタンドアロン運用例
コマンドラインでのスタンドアロン運用例

【関連記事】
カスペルスキー、5年かけた「透明性への取り組み」の新たな拡大計画を発表
カスペルスキー、LockBitによる攻撃範囲の拡大を発見
APT攻撃グループ「Tomiris」と「Turla」に協力関係か──カスペルスキー調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18493 2023/09/28 17:20

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング