Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

記事一覧

テーマ内その他記事

1~15件(全354件)
  • 2020/03/25

    【SIベンダ必読】ソフトウェア受託開発の収益認識はこう変わる、KPMGコンサル、あずさ監査法人に訊く

     2021年4月から適用が始まる「収益認識に関する会計基準」。あらゆる企業の財務諸表に大きな影響が及ぶことが予想される中、ソフトウェアの受託開発を収益源とするSIベンダーはどんな準備を進めるべきか。前回の記事に続き、KPMGコンサルティングと、あずさ監査法人に詳細を解説してもらった。

  • 2020/03/19

    急増するテレワーク、オンラインセミナー、各社の取り組みから見えてきた課題

     新型コロナウイルス問題によってテレワークやオンラインセミナーなど導入が急速に進んでいる。こうしたツールやサービスの提供企業に、企業の問い合わせの動向や対応や、浮上してきた課題について、ブイキューブ、TDMテレワーク実行委員会、シャノンの関係者に話を聞いた。

  • 2020/03/19

    【チームスピリット×Zuora対談】サブスクリプションビジネスの本質は価格に見合った価値の提供にあり

     働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」を開発・提供するチームスピリットの社長で、2020年1月に初の著書『サブスクリプションシフト DX時代の最強のビジネス戦略』を上梓した荻島浩司氏と、サブスクリプションサービスの実現を支援するZuora Japan社長の桑野順一郎氏。二人の社長がサブスクリプションビジネスの本質について語り合った。

  • 2020/03/09

    SaaSの定着化を進めるWalkMe、オンラインイベントで紹介した最新事例と提供価値

     「テクノロジーが人に寄り添う」をコンセプトにデジタルアダプション(定着化)の実現のためのプラットフォーム製品を提供しているWalkMe。2月27日に実施予定であった同社初となる年次カンファレンス「WalkMe Digital Adoption Summit 2020」は、国内における新型コロナウイルス感染症の感染拡大リスクを鑑み、10月16日に延期となった。この記事では27日当日、オンラインでの1時間プログラムとして短縮開催した内容をお届けする。

  • 2020/03/06

    西内啓氏が語った「新型コロナウイルス問題の中でパートナーイベントを中止しなかった理由」

     データ分析・活用のクラウドサービスを提供するデータビークルが、2020年3月3日にパートナー向けセミナーを開催し、同社最高製品責任者の西内啓氏がスピーチをおこなった。西内氏は『統計学が最強の学問である』などの著者であり統計家として知られるが、以前は東大で医学を専門として教鞭をとり、疫学や公衆衛生学の分野の研究者としての経歴を持つ。新型コロナウイルス問題によって、各種イベントの中止・自粛が相次ぐ中で、あえてパートナーイベントを開催した理由について語り、専門を踏まえた知見と対処法を紹介した。

  • 2020/03/04

    実は一筋縄で連携できない現実 データ保護とクラウドの関係性

     前回はDX時代で求められるデータ保護の「あるべき姿」について、企業インフラに求められる具体的な要件を踏まえて紹介しました。今回はデータ保護とクラウドの関係性、クラウドの重要な利用形態の1つであるDR、マルチクラウド、ハイブリッド環境への対応について考察します。

  • 2020/03/03

    日本のSaaSは米国から5年遅れで成長する──セールスフォース・ベンチャーズ浅田氏(後編)

     既存事業の補完CVC(Corporate Venture Capital)、M&A、PMI(Post Merger Acquisition)の3つの機能を持つ戦略投資部門の役割を解説してもらった前編に続き、セールスフォースは出資したパートナー企業にどんなサポートを提供しているか。同社の既存ビジネスにもたらすインパクト、パートナー投資を成功させるための組織体制について、Salesforce Ventures日本代表の浅田慎二氏に聞いた。

  • 2020/03/02

    CVCの戦略投資クライテリアとは──セールスフォース・ベンチャーズ浅田氏(前編)

     2018年から日本国内でもB2B SaaSスタートアップの存在感が高まり始めている。Sansan、Freee、ヤプリ、オクト、スタディスト、トレタ、ABEJAなど、動向が注視されるスタートアップの裏側にいるのがセールスフォースの戦略投資部門「セールスフォース・ベンチャーズ」だ。なぜセールスフォースは戦略投資部門を設置しているのか。その目的について日本代表の浅田慎二氏に聞いた。

  • 2020/02/27

    SAPの買収から1年、クアルトリクスがXMの事業戦略とトレンドを発表

     米国クアルトリクスの日本法人、クアルトリクス合同会社が会見をおこない、2020年度の国内事業戦略と「従業員エクスペリエンストレンド」を発表した。

  • 2020/02/25

    アクセンチュアCEO、ジュリー・スウィート氏が語った「成功の共有」というビジョン

     2020年2月20日、アクセンチュアのCEOジュリー・スウィート氏が来日し会見を開いた。ここ数年デジタルテクノロジーにシフトし飛躍的に成長してきたアクセンチュアだが、中でも日本市場の寄与は大きいと語り、次なる10年の目標として「成功の共有」というビジョンを掲げた。

  • 2020/02/25

    IT部門はCXとEXに無関心ではいられない──ガートナーが語る「従業員ジャーニー」理解の勧め

     従業員体験の向上が顧客体験の向上につながる。この因果関係を理解しているCIOは非常に少ない。だが、実は従業員体験の向上に投資する企業は、従業員の増加率、従業員の給与、平均売上高、平均利益などで、投資をしない企業を上回ることがわかっている。企業が従業員体験の向上に投資を行う上で、IT部門は決して無関係ではない。なぜIT部門も従業員体験に投資をするべきか。来日したガートナーのアナリスト ジーン・ファイファー氏に聞いた。

  • 2020/02/21

    「見たい情報に誰もが出会える世界を作っていきたい」Gunosy CTO 小出幸典さん

     CTOは技術が詳しいだけではなく、技術でいかに経営に貢献するかを考える立場でもある。Gunosyの小出さんは自然言語処理や機械学習といった自身の強みを活かせる企業を選び、各種プロジェクトを経験してCTOに就任した。小出さんが経験したこと、小出さんならではの強みとは。

  • 2020/02/17

    ユーザー体験を高める「デジタルアダプション」とは──WalkMe 道下社長

     売って終わりのパッケージとは違い、売ってから後が勝負のSaaSビジネス。ユーザーが成果を上げるために重要な立ち上がりや現場への定着をサポートするという、これまでありそうでなかったソリューションを提供するのが2011年創業のスタートアップWalkMeである。2019年6月には東京オフィスも開設。全世界2,000社が利用中という製品はどんなものか。また、同社が提唱する「デジタルアダプション」ソリューションとは何か。日本法人代表の道下和良氏に聞いた。

  • 2020/02/14

    「ITに詳しくない人のためのDX本」を書いた西田さんに訊く──DXで何が変わるのか

     デジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性は多くの企業経営者が認識していることであろう。その一方で、DXという言葉は一般のビジネスパーソンには、なかなか難しいようだ。2019年11月に刊行された『デジタルトランスフォーメーションで何が起きるのか 「スマホネイティブ」以後のテック戦略』は、この問いに正面から挑み、DXがもたらす価値に焦点を当てた本である。著者でテクノロジーに精通するITジャーナリストの西田宗千佳氏に、必読のポイントを尋ねた。

  • 2020/02/13

    ダッソーが製造業向けアプリを“サブスク”で提供する理由

     仏ダッソー・システムズ(以下、ダッソー)が、“クラウドシフト”に本腰を入れている。同社が打ち出す製造業向け技術情報共有基盤「3DEXPERIENCEプラットフォーム」を核に、製造・開発ソフトウェアの機能をSaaSモデルで提供。「プロダクト思考からプラットフォーム思考へ」をスローガンに、新たな選択肢と価値を提供していく戦略だ。

1~15件(全354件)
All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5