EnterpriseZine:新着記事一覧 http://enterprisezine.jp/ 2007-2014 EnterpriseZine, Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ja-jp Fri, 24 Nov 2017 17:40:13 +0900 企業のIT・経営・ビジネスをつなぐ情報サイト http://enterprisezine.jp/static/common/images/logo.gif EnterpriseZine http://enterprisezine.jp/ 必要なのは「問題解決型教育」、入門から実践までデータサイエンスの学び方 http://enterprisezine.jp/article/detail/10068 http://enterprisezine.jp/article/detail/10068 Fri, 24 Nov 2017 08:00:00 +0900  ビッグデータ、データサイエンティストのブームを経て今や空前のAIブーム。しかし根底にあるのは、データアナリティクスであることに変わりはない。各省庁や大企業のデータ分析コンテストの運営や、データアナリティクススキルを持つ人材に活躍の場を提供しているオプトホールディングの齊藤秀氏に、人材育成の課題と取り組みについて話を聞いた。 マイクロソフトのOSS戦略は進行中、来年にはターニングポイントを迎えられるか? http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/10107 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/10107 Fri, 24 Nov 2017 06:00:00 +0900  マイクロソフトのここ数年の変化は大きい。2014年にCEOにサティア・ナデラ氏が就任してからなのでおよそ3年半ほど。それまで「それならマイクロソフトの○○をどうぞ」と顧客の目的に沿う自社製品を勧めていた。データベースならSQL Server、メールならExchangeなど。もちろん営利企業として当然のことだ。ところがマイクロソフトはまるで手のひらを返すかのようにオープンソースに歩み寄るように舵を切った。歴史的に見れば、マイクロソフトはオープンソースとは対局にいた存在だ。10年前、あるいは5年前、マイクロソフトが「Microsoft(ハート)OSS」と掲げるなんて誰が想像できただろうか。   成功の反対は「何もしないこと」、まずはやってみよう――稲田修一氏が提言するIoT活用による価値創造の方法論 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/10070 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/10070 Wed, 22 Nov 2017 06:00:00 +0900  IoT/データ活用では「思考バイアスをただすことが大事」と一般社団法人 情報通信技術委員会 事務局長の稲田修一氏は述べる。ビジネス変革のためにIoT/データ活用が注目されているが、活用を成功させるには価値創造のやり方や開発方法なども変えていくことが必要。また、人々のマインドを変えていくことも必要。「data tech 2017」(主催:翔泳社)に登壇した同氏が、ビッグデータ/IoT活用によるビジネス変革の本質とそのインパクト、価値創造の方法論とモダンな開発手法への転換、その推進に不可欠なマネジメントの役割について解説した。 Oracleが行うナッジで地球温暖化を防ぐための実証実験とは http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/10096 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/10096 Tue, 21 Nov 2017 06:00:00 +0900  いつの間にやらサンマの産地は北上して北海道になっている。そのサンマも、今秋は不漁のようであまり美味しいものに出会っていない。さらにサケも不漁で、イクラなども高騰しているようだ。サカナの生育場所の変化以外にも、夏の異常な暑さや台風などの災害の多さなどなど、地球温暖化なのか異常気象なのかを実感することがしばしばある。これを何とかしようと、今月15日からはドイツのボンで国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP23)が開催されている。異常気象による災害などは深刻化しているのだが、各国の足並みは揃っているとは言いがたいのが現状。2020年以降の地球温暖化対策の国際的な枠組みである「パリ協定」から、トランプ政権になった米国は離脱を表明している。気候変動には国境は存在しないので、力のある大国を中心になんとか良い方向に進むよう各国が協力して欲しいところなのだが。 データベースの配置と大きさを確認しよう(後編) http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/10067 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/10067 Mon, 20 Nov 2017 06:00:00 +0900  10月2日(米国時間)SQL Server 2017がGAとなりました。Linux対応によるプラットフォームの選択肢の広がりに加え、GraphデータやMachine Learning Servicesなどの新しい機能による対応可能なユースケースが拡大したことで、今後さらに活用が広がりそうです。そのSQL Serverを運用管理していくためには、やはり動的管理ビューの把握はとても大事なことであるため、この連載も粛々と続けていきたいと思っています。 モダン・ソフトウェア・ファクトリーでイノベーションをサポート―CA World 2017が開幕 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/10095 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/10095 Fri, 17 Nov 2017 17:29:00 +0900  2017年11月15日、米国ラスベガスでCA Technologiesの年次カンファレンスイベント「CA World 2017」が開幕した。CAが現在もっとも力を入れているのは「The Modern Software Factory」というソリューションだ。これは、企業の中にDevOpsの体制を構築し、それを活用してデジタル化によるイノベーションを企業に起こさせるというもの。CAはそのために必要となるツールやコンサルティングサービスの提供で、企業の継続的なイノベーションをサポートする。 SAP on Azureでマルチクラウド体制に移行―ゴルフダイジェスト・オンラインCTOの決断 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/10073 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/10073 Fri, 17 Nov 2017 07:00:00 +0900  ゴルフ総合サイト「ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)」は2017年2月にIT基盤を全面的にクラウドへ移行した。それもマルチクラウドへ。どのような背景でどのような決断を下したのか。 「情報の法社会学〜名和小太郎先生に聴く」(第1回) http://enterprisezine.jp/article/detail/10069 http://enterprisezine.jp/article/detail/10069 Fri, 17 Nov 2017 06:00:00 +0900  情報法は、戦後のコンピューターの登場と発展を背景に生まれてきた新しい法分野であり、新しい技術の登場と社会の変化の中で、新たな立法が求められてきた分野でもある。民事法や刑事法などの伝統的法分野のような法解釈学を中心とした部分もあるが、それだけではなく、情報を規律する制定法が生成されている途上でもあることから、常に立法政策にも目配りをせざるを得ないという特徴をもっている。情報法はいかにして生まれ、展開(または迷走)しているのか―ここでは、今日の情報法をかたちづくることに貢献された先生にお会いして研究の足跡を振り返りながらお話しを伺うことを企画した。すでにお二方の先生のインタビューを終えているが、それぞれのお話しもさることながら、相互に絡み合うことでより深く理解できるところがあった。あらためてオーラルヒストリーの意義を感じている。 なお、企画とインタビュー、反訳、写真は一般財団法人情報法制研究所が担当した。本サイトを通じて有意義な連載としてお届けできればと思っている。今回は、名和小太郎先生のご自宅をお訪ねして、2時間にわたりインタビューをさせていただいた。 復旧目標に合わせてバックアップ戦略を考える http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/10066 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/10066 Thu, 16 Nov 2017 06:00:00 +0900  障害時のサービス再開を短くする方法はデータベースのレプリカを持つことです。しかし、コストとの兼ね合いで持てないケースもあるかと思います。今回のテーマはそうしたケースで検討の価値ある「永久増分バックアップ戦略」についてです。データベースのバックアップを使ってできるだけ短い時間でデータベースを復旧するための工夫や機能についてお伝えしていきます。 adidas、21世紀FOXの変革の裏にSalesforceあり http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/10064 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/10064 Wed, 15 Nov 2017 06:00:00 +0900  Dreamforce 2017の基調講演では、3つの先進事例が紹介された。Trailheadの学習環境を自社の社員の教育用に活用するT-Mobileに続き紹介されたのが世界的なスポーツ用品メーカーadidasの事例だった。 防御だけじゃない!検知と対応も可能な次世代型アンチウィルス「Cb Defense」とは? http://enterprisezine.jp/article/detail/9819 http://enterprisezine.jp/article/detail/9819 Tue, 14 Nov 2017 11:00:00 +0900  かつてコンピュータウィルスといえば、いたずらめいた迷惑行為を行うプログラムで、増殖するためウィルスにたとえられた。今では増殖はしないものも増えたため、マルウェアや不正プログラムと呼ばれている。対策ソフトとなるアンチウィルスもまた次世代型へと進化しつつある。どのような機能が必要で、どのように実現するか。「Security Online Day 2017」(主催:翔泳社)に登壇したネットワークバリューコンポネンツの佐藤佑樹氏が解説した。 サイバーセキュリティも「as a Service」の時代――EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング 藤井仁志氏が解説 http://enterprisezine.jp/article/detail/10008 http://enterprisezine.jp/article/detail/10008 Tue, 14 Nov 2017 06:00:00 +0900  「EYグローバル情報セキュリティサーベイ 2016(GISS)」によると世界の企業の53%がセキュリティ関連予算を増額していながら、63%が現在のセキュリティ機能に対し組織のニーズを満たしきれていないと評価しているという。この「費用を掛けているにもかかわらず不安」という状況を脱し、適正なセキュリティを実現するための解はあるのか。EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングの藤井仁志氏が、これまでのサイバーセキュリティの潮流を踏まえながら、今後求められる「as a Service型」セキュリティサービスの有用性について解説した。 「クラウドサービスを利用しているから、セキュリティはもう安心」 は大きな間違い―クラウド時代に「特権ID管理」が重要になる理由 http://enterprisezine.jp/article/detail/9812 http://enterprisezine.jp/article/detail/9812 Mon, 13 Nov 2017 06:00:00 +0900  企業システムでのサイバー攻撃や内部不正対策において「特権ID管理」の重要性は広く知られてきたが、クラウド利用においても特権ID管理が今求められている。その理由とは何か。「Security Online Day 2017」(主催:翔泳社)に登壇したNRIセキュアテクノロジーズの岸謙介氏は、クラウド時代における特権ID管理の重要性について解説を行った。また、一口に「特権ID管理」といっても、クラウドとの相性に優れたやり方と、そうでないやり方とがあると同氏は指摘する。 機械学習の自動化を自動化する、DataRobotの大きな一歩 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/10065 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/10065 Fri, 10 Nov 2017 14:00:00 +0900  2017年11月9日、機械学習自動化プラットフォームを手がけるDataRobotは日本進出後、初の大規模イベント「DataRobot AI Experience Tokyo 2017」を開催した。 実は8割の顧客が収益を生み出していなかった!―TeradataのCRMで「じぶん銀行」があらたに生み出した200通りのシナリオ http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9999 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9999 Fri, 10 Nov 2017 06:00:00 +0900  Teradata Partnersは、もともとテラデータのユーザー会が主催するユーザー同士の情報交換を目的にしたカンファレンスイベント。そのため数多くのテラデータユーザーが、自社でテラデータ製品をどのように活用しているかを紹介するセッションが行われる。今年は、日本からの参加者によるセッションもさらに増えており、テラデータが日本で順調なビジネスを行っている様子が覗える。そんな日本のユーザー事例の1つとして紹介されたのが、じぶん銀行のCRMだった。 旭川医大事件―プロジェクト管理義務の限界 http://enterprisezine.jp/article/detail/10056 http://enterprisezine.jp/article/detail/10056 Fri, 10 Nov 2017 06:00:00 +0900  この連載でも何度となく取り上げてきましたが、ITを導入するプロジェクトを実施する際、ベンダにはプロジェクトを円滑に運営する為、ユーザ側に様々なことを働きかける義務があります。例えば、ユーザがいつまでたっても要件の追加・変更等要望をやめてくれないとき、「いい加減、要件を凍結してくれないと納期は守れません、お金だってかかります。」と申し入れ、要求を拒絶したり、代替案を出したり、あるいは追加費用の見積もりやリスケジュール等をユーザに申し入れる義務 (権利ではありません。) があるとするもので、これを怠ってプロジェクトが失敗すると、プロジェクト管理義務違反という不法行為に該当してしまうというものです。 SalesforceがDreamforce 2017を開催、顧客とつながることで生まれる第四次産業革命を新たな「myブランド」戦略でサポート http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/10058 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/10058 Thu, 09 Nov 2017 12:22:00 +0900  今年もサンフランシスコのダウンタウンをSalesforceがジャックする、「Dreamforce 2017」が開幕した。今年は世界中の90以上の国々から17万人以上の事前登録があり、とてつもない数の参加者がサンフランシスコの街中にあふれタクシーもUberも捕まえられない状況となっている。今年のDreamforceでは、myTrailhead、myEinstein、myLightning、mySalesforce、myIoTと、サービス名称の前に「my」を付けた新たなブランド展開が発表された。このmyには「パーソナライズ」の、また「自分自身の手で作ることができる」といった意味が込められているようだ。 MariaDB ColumnStore始めませんか? http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9960 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9960 Thu, 09 Nov 2017 06:00:00 +0900  本記事は、db tech showcase 2017でおこなわれた、Japan MariaDB User Group - 代表 川野 和之氏によるセッション「MariaDB ColumnStore始めませんか?」の書き起こしです。MariaDB ColumnStore はチューニングレスで高い検索パフォーマンスを実現するDWH特化型データベースです。新しいエンジンであるCoumnStoreの特徴や、押さえておくべきポイントについての解説が行なわれました。 ICDPPC2017レポート:個人情報保護委員会が世界のプライバシーコミッショナーの仲間入り・自動車のプライバシー問題に注目が集まる http://enterprisezine.jp/article/detail/9998 http://enterprisezine.jp/article/detail/9998 Thu, 09 Nov 2017 06:00:00 +0900  今回は、IoTとプライバシーに関する最新トピックをご紹介します。 その“入金指示”は本当にあなたの上司からですか?――ビジネスメール詐欺のだます手口・だまされる理由 http://enterprisezine.jp/article/detail/9946 http://enterprisezine.jp/article/detail/9946 Wed, 08 Nov 2017 06:00:00 +0900  昨年から「メール」を使用したサイバー攻撃が急増しているという。メールを使った攻撃は以前からあるが、それらとは大きく異なる。侵入する・乗っ取るなどコンピュータに対する攻撃は何もない。攻撃対象はメールを読む「人間」だ。企業の従業員をだましてお金や情報をせしめる。なぜ今、そのような攻撃が増加しているのか。また、なぜ人間はだまされてしまうのか。プルーフポイント 欧州・中東・アフリカ(EMEA)担当セイバーセキュリティストラテジストのアデニケ・コスグローブ氏と、日本プルーフポイント セールスエンジニアリング部 部長 高橋哲也氏にその理由などを聞いた。 もしも「もしも社長がセキュリティ対策を聞いてきたら」の著者が社長になったら http://enterprisezine.jp/article/detail/9983 http://enterprisezine.jp/article/detail/9983 Tue, 07 Nov 2017 06:00:00 +0900  元マイクロソフトでセキュリティのエバンジェリストとして活躍した蔵本雄一氏が、自動車のセキュリティを担うWhite Motion社のCEOとなって登壇。ITと自動車の2つの視点を得て、コネクテッドカーや自動運転など次世代の自動車の恩恵を受けるためには、セキュリティがカギになると語った。どのような課題があるのか、またどのように解決すべきなのか、事例を踏まえつつ紹介した。 サイバーセキュリティ経営ガイドラインはこうやって実践せよ!S&J 上原孝之氏が解説 http://enterprisezine.jp/article/detail/9805 http://enterprisezine.jp/article/detail/9805 Mon, 06 Nov 2017 06:00:00 +0900  サイバーセキュリティは経営リスクである――これを経営者がきちんと認識し必要な対策を施せるように、経済産業省から「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」が発行されている。2017年9月12日に開催された「Security Online Day 2017」(主催:翔泳社)において、このガイドラインの実践方法について、S&J 上原孝之氏が技術的に解説した。 データベースのクローニング、全て見せます:Oracle Databaseのコピー運用をAppSyncで全自動化 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9942 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9942 Thu, 02 Nov 2017 13:00:00 +0900  XtremIOの強みの一つにインラインデータ重複排除がある。開発用や分析用にデータをコピーするとき、重複分はストレージ容量をとらずにすむ。さらにAppSyncを使えばコピー後のマウントやデータベースインスタンスとして起動するまで自動化できる。EMCジャパン システムエンジニア Oracleスペシャリスト 三浦真氏がデモで披露する。 【特別対談】拡大するファームウェアへの脅威を語る!――セキュリティに特化した「HPE Gen10サーバー」とは http://enterprisezine.jp/article/detail/9892 http://enterprisezine.jp/article/detail/9892 Thu, 02 Nov 2017 06:00:00 +0900  日本ヒューレット・パッカード(以下、HPE)は2017年7月、「世界標準の安心サーバー」HPE Gen10サーバープラットフォーム(HPE Gen10サーバー)を発表した。HPE Gen10サーバーでは、業界標準サーバーにシリコンベースのセキュリティを導入している。その目的は、ファームウェアレベルへの攻撃に対応することだ。ファームウェアレベルへの攻撃とはどのようなものなのか、HPE Gen10サーバーではどのように攻撃を防ぐのか。今回、HPE サーバー製品本部 カテゴリーマネージャーの阿部敬則氏と、S&J 代表取締役社長の三輪信雄氏をお招きし、現状分析と対策について対談を行っていただいた。 SAP HANAの特徴と実行環境 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9959 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9959 Thu, 02 Nov 2017 06:00:00 +0900  今回は「SAP HANAの実行環境や運用管理ツール等」について解説すると予告していましたが、多くのOracle技術者にとってSAP HANAは未知の部分が多いと思いますので、Oracleデータベースと比べたHANAの特徴、例えばOracleの◯◯はHANAではどうなっているのかということについて、まずQ&A形式で簡単に紹介します。(以下の記述は筆者が確認した情報で、仕様等はバージョンアップで変更される可能性があることをご承知下さい。) 今さら聞けないGDPR対策を聞く――概要から基本原則まで最低限理解すべきこと http://enterprisezine.jp/article/detail/9939 http://enterprisezine.jp/article/detail/9939 Wed, 01 Nov 2017 06:05:00 +0900  EU域内の居住者の個人情報を保護するための規則「GDPR」が2018年5月25日に発効する。「EUなので関係ない?」と油断してはならない。日本企業でも関係する場合がある。制裁金はとても大きいため、万が一違反していたらダメージは計り知れないからだ。コンプライアンスリスクとして、どの企業もきちんと確認しておきたい。本稿では、プルーフポイント 欧州・中東・アフリカ(EMEA)担当セイバーセキュリティストラテジストのアデニケ・コスグローブ氏に、GDPRの目的や基本的な考え方、対応方法について聞いた。 Teradata Everywhereは極めてユニーク、他社が簡単に真似できるものではない http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9994 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9994 Wed, 01 Nov 2017 06:00:00 +0900  テラデータは「Teradata Everywhere」というコンセプトのもとで、新たな製品やサービス、ライセンス形態の提供を開始している。Teradata Everywhereの目指すところは何か、テラデータのエグゼクティブ・バイスプレジデント 兼 チーフ・プロダクト・オフィサー オリバー・ラッゼスバーガー氏に話を訊いた。 デジタルトランスフォーマーズ http://enterprisezine.jp/article/detail/9990 http://enterprisezine.jp/article/detail/9990 Tue, 31 Oct 2017 06:00:00 +0900 デジタルトランスフォーメーション時代の暮らしのITまんがです。 Dell EMC Data Domainの信頼性と効率性を実現するアーキテクチャ http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9940 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9940 Tue, 31 Oct 2017 06:00:00 +0900  データベース運用で忘れてはならないのがバックアップだ。デジタルデータは消失してしまえば元に戻らない。些細な操作ミスから災害対策まで、何か起きた時にバックアップがあれば危機を乗り切ることができる。確実かつ高速にバックアップできる技術がData Domainには盛り込まれている。 データベース・バックアップで災害に備えよう http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9958 http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/9958 Mon, 30 Oct 2017 06:00:00 +0900  災害やシステム障害の発生、また最近だとランサムウェア被害に備えて事業継続計画(BCP)を検討されているお客様は多いと思いますが、BCPにおいてデータ保護は重要なテーマの一つです。今回はデータベース・バックアップによるデータ災害対策についてです。