EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

記事一覧

テーマ内その他記事

1~15件(全819件)
  • 2020/08/06

    元FBIが語るホワイトカラー犯罪:世界を震撼させたハッカーたち

     COVID-19の世界的感染とともに、サイバー攻撃で「身代金」を集めるランサムウェア被害が、社会を支えるエッセンシャルサービスにまで侵略しています。そもそもネット上のホワイトカラー犯罪(頭脳犯罪)と身代金の仕組みをご存じでしょうか。狙われる企業はいかに攻撃を防ぐべきで、そしてもし被害にあったらどう対応すべきでしょうか。クラウド・データ・マネジメントを提唱するVeeamの観点から誤解されがちなバックアップと事業継続性(BC)・災害復旧(DR)を解説、危機管理広報について提言します。連載第1回は元...

  • 2020/07/31

    「部署が違うので自分にはあまり関係ない」は通用しない ポストコロナにおけるDXとセキュリティの関係

     ポストコロナの時代は、企業のIT資産のクラウド化、業務のリモート化など、パンデミック環境下においても事業を継続するための変革が急速に進むと考えられる。コロナ禍以前は、DX推進や働き方改革の掛け声はあったものの、旧来文化からの脱却ができなかった日本企業が、組織文化・システムアーキテクチャ両面における変革を急ピッチで推進しようとしている。このようなビジネス環境において、企業のDXを支え、変化の早い時代に生き残るための鍵を握るのは、実はITセキュリティ部門なのではないかと考える。本連載は、なぜDX推...

  • 2020/07/30

    HPEのテクノロジーで「洞察の時代」を切り開く

     エッジからクラウドのプラットフォーム技術をサービスとして提供するという目標を掲げるHewlett Packard Enterprise(以下、HPE)が6月、オンラインイベント「HPE Discover Virtual Experience」を開催した。新型コロナウイルス感染症がデジタルトランスフォーメーションを加速する中、HPEはどのように顧客を支援するのか? 中堅・中小企業向けのオンラインイベントのセッションも含めてレポートする。

  • 2020/07/29

    RSA CEOが警告、パンデミックで急増するサイバー攻撃に備えよ

     新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックは、一向に収束の兆しが見えない。こうした状況下、企業ではリモートワークを推進しているが、「突貫工事で構築したリモートアクセス環境は脆弱性だらけ」と指摘する声も上がっている。コロナ渦で講じるべきセキュリティ対策は、これまでの対策と同じでよいのか。ビジネスを止めないために、セキュリティ担当者は何をすべきなのか。過日、バーチャルで開催された「RSA Conference Asia Pacific & Japan」(7月15日〜17日)の期間...

  • 2020/07/28

    コロナ禍でサイバーセキュリティの主戦場はエッジへ——RSAのCEOが説く「HUMAN ELEMENT」の重要性

     米Dell technologies傘下の米RSAは、7月15日から3日間、日本を含むアジア太平洋地域のユーザーを対象にしたバーチャルカンファレンス「RSA Conference 2020 Asia Pacific & Japan」を開催した。コロナ禍で人々の行動が大幅に制限されている中、サイバー攻撃もリモートワーク環境をターゲットにしたものが増加している。米RSAで最高経営責任者(CEO)を務めるロヒット・ガイ(Rohit Ghai)氏は、アジア太平洋地域に対する攻撃増加に警鐘を鳴ら...

  • 2020/07/27

    パロアルトネットワークス、機械学習を搭載した次世代ファイアウォールを発表 PAN-OS 10.0で実現

     2020年7月14日、パロアルトネットワークスは機械学習を搭載した次世代ファイアウォールを発表した。最新版OSとなるPAN-OS 10.0に搭載された新機能となる。素早く未知化する脅威の検出を早める。他にも最新版OSではシグネチャの更新頻度を高め、IoTへの対応強化、コンテナ対応の機能も追加されている。

  • 2020/07/21

    ニューノーマル時代におけるサイバーセキュリティ対策、成功のカギは「検知」と「対応」にあり

     セキュリティ対策はこれまでの防御一辺倒ではなく、迅速な検知と対応が重要視されてきている。多くの攻撃者は潜伏がばれないように振る舞うため、データの破壊行為などわかりやすい被害がないからといって攻撃を受けていないとは限らない。気づかぬうちに貴重な情報が狙われている可能性がある。ラピッドセブンの基本コンセプトから最新のMDRサービスについて詳しく解説する。

  • 2020/07/20

    ウィズコロナを見越したセキュリティ対策はいかに?変化への対応策と今後の展望─西尾素己氏に訊く

     新型コロナウィルスの緊急事態は解除となったものの、感染症対策は継続する必要がある。リモートワークが新常識となる中、持続可能なセキュリティ対策はどうあるべきか。パンデミックで大きく揺らいだ情報保護規制は今後どう進むか。海外動向も踏まえ、多摩大学 ルール形成戦略研究所 西尾素己氏に訊く。

  • 2020/07/08

    教師なし学習・数学的アプローチで検知―「Interset UEBA」で実現する、内部脅威対策

     雇用の流動化やリモートワークの導入を背景に、内部不正による情報漏洩のリスクが高まっている。内部脅威を防ぐために、組織内のPCやシステムの操作ログを分析するツールとしてSecurity Information and Event Management(セキュリティ情報イベント管理、以下SIEM)を導入する企業も多いが、それだけでは検出が難しい場合もある。Micro Focusの「Interset UEBA」(以下Interset)は、教師なし学習によってユーザーの行動を分析し、異常を検知するソリ...

  • 2020/07/07

    カスペルスキー藤岡社長が会見、サイバー攻撃の最新動向と法人向け新製品を語る

     2020年6月18日、カスペルスキーは記者説明会にて、直近のサイバー脅威の傾向を解説した。ランサムウェアの標的が個人から組織へシフトしていること、攻撃方法の高度化、モバイルデバイスへの攻撃が増加しているなどが挙げられる。また法人向け新製品となる「Kaspersky Sandbox」と「Kaspersky EDR Optimum」についても発表した。

  • 2020/06/23

    攻撃があっても動じないIT環境「Security Posture」を提唱するマイクロソフト

     マイクロソフトは「Security Posture」という考え方を提唱している。増大するサイバー攻撃への場当たり的な対応ではなく、脆弱性を無くし、脅威インテリジェンスによるインシデント対応の軽量によって、「攻撃があっても動じない体制」をつくりあげることだという。アジア太平洋各国でのセキュリティ調査とCovid-19後の脅威への分析を踏まえて発表された内容を紹介する。

  • 2020/06/11

    テレワーク、コネクテッドカー、工場などDX対応を強化したトレンドマイクロのセキュリティビジネス戦略

     2020年5月27日、トレンドマイクロは今後の日本市場におけるビジネス戦略を発表した。企業インフラではDXを想定したクラウドセキュリティの拡張、サイバー攻撃からの防御ではSaaSラインナップの拡充とTrend Micro XDRの提供、加えてIoT関連ではさらなるビジネス推進強化を目指す。

  • 2020/06/02

    EDR×NDRで侵入を前提としたセキュリティ対策を強化 増加するサイバー攻撃への最新対策

     標的型攻撃やバラまき型の攻撃といったサイバー攻撃が増えている。今や大手有名企業や政府系機関はもちろん、大手と取引のある中小企業なども踏み台にするために攻撃ターゲットとなっている。また攻撃に使われるマルウェアの種類は増加し続けており、攻撃手法も高度化している。高度化し増え続けるサイバー攻撃に対し、従来の境界型のセキュリティ対策製品やアンチウイルス・ソフトだけでは、もはや攻撃を防ぐことは難しい。

  • 2020/05/21

    次世代プライバシー強化技術「ゼロ知識証明」、なぜ今注目されているのかをデロイトトーマツに訊く

     「ゼロ知識証明」とは、ある人が特定の事柄を証明したいときに、機密情報を明かさずに証明する技術の総称。次世代のプライバシー強化技術として注目されている技術である。その概要と国内で取り組みを強化する理由についてデロイト トーマツに解説してもらった。

  • 2020/05/19

    セキュリティオペレーションの高度化や効率化への3ステップ ─ パロアルトネットワークス染谷氏

     2020年4月23日、パロアルトネットワークスはセキュリティオペレーションジャパンサーベイ2020年版の結果を発表し、セキュリティ運用の成熟度や課題の現状について解説した。加えて新たなSOARプラットフォームとなる「Cortex XSOAR」を日本で提供開始した。

1~15件(全819件)
All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5