EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

記事一覧

テーマ内その他記事

16~30件(全811件)
  • 2020/04/16

    ゼロトラストとCSFでマイクロソフトのサービスを解剖すると 日本マイクロソフト 山野氏が解説

     サイバーセキュリティ対策ではゼロトラストやCSFが重要な指針となる。しかしこれらはあくまでも基本理念や指針。実在するツールとどう紐付けられ、どう連携するのだろうか。3月12日にオンラインで実施された「Microsoft Security Forum 2020」のブレイクアウトセッションでは、Office 365などの同社が提供するサービスをゼロトラストやCSFに照らし合わせて紐解かれた。

  • 2020/04/15

    HPEセキュリティ担当ディレクターが解説 シリコンレベルのゼロトラスト防御で信頼できるインフラ構築を

     サイバーセキュリティの脅威は増大の一途をたどっており、なかでも新たなリクス要因として注目されているのが、ファームウェアへの攻撃。HPEのサーバー製品では、シリコンレベルでファームウェアを防御するアプローチをとり、攻撃に対する強い耐性・可用性を実現している。その実力が評価され、保険会社のリスクを低減するサイバー保険向けセキュリティソリューションとしても選定されている。今回は、HPEのセキュリティ担当ディレクターを務めるBob Moore(ボブ・ムーア)氏に、同社のサイバーセキュリティ製品戦略につ...

  • 2020/04/10

    「ビジネスを止めない」IBMのセキュリティ事業方針 IBM X-Force Redが日本で本格始動

     2020年3月27日、日本IBMは2020年のセキュリティ事業方針説明会をオンラインで開催した。顧客のビジネスを止めないことを重視した施策や、IBM Cloud Pak for Securityの機能強化について説明した。またIBMのセキュリティエキスパート集団となるX-Forceの強化や脅威インテリジェンス・サービス提供開始についても発表した。

  • 2020/04/08

    フォーティネット、「FortiAI」を発表 大規模なエンタープライズ組織に対応可能

     フォーティネットは3月26日、記者発表会を開催し、最新の脅威レポートと新たな製品、サービスを紹介した。新たに提供を開始するのは、エンタープライズ向けのオンプレミスAIアプライアンス「FortiAI」、および「ペネトレーションテストサービス」。同社のセキュリティストラテジストである寺下健一氏がオンラインで発表を行った。

  • 2020/04/07

    MailセキュリティのGUARDIANWALL、強みは国産特有の日本語フィルタリング

     新型コロナウイルス対策のために、テレワークで仕事をしている人は多いだろう。テレワークではZOOMやMicrosoft Teamsを使ったWeb会議や、SlackやChatworkなどを使ったオンラインでのコミュニケーション機会が増えている。とはいえ、相変わらず主な連絡方法は電子メールという人も多いはずだ。社内メンバー同士の日常的な連絡ならばチャットは便利だ。しかし社外の人と連絡を取り合うとなれば、やはりまだまだメールが主流のコミュニケーションツールだ。

  • 2020/04/01

    新型コロナウイルス対策にAIはどう貢献できるか──AIテック企業、Appier研究者が語る

     AIテクノロジー企業のAppier(エイピア)は、新型コロナウイルスへの対応を支援するAI に関するオンラインでの記者説明会をおこなった。本稿ではその内容を紹介する。

  • 2020/03/30

    日々増加するサイバー脅威、セキュリティ自動化で運用を軽減!成功するSOAR導入の進め方

     セキュリティの運用不可が増大している中、セキュリティの運用自動化に注目が集まっています。本記事では、「セキュリティの運用自動化」にフォーカスをあてたマクニカネットワークス提供の資料を一部抜粋して掲載します。

  • 2020/03/18

    RSAのCTOが買収後戦略、量子コンピュータと暗号セキュリティを語る

     2020年2月、米Dell Technologiesは、同社傘下のセキュリティ企業であるRSAを、Symphony Technology Group(STG)に20億7500万ドル(約2150億円)で売却すると発表した。Dell傘下とはいえ、セキュリティ事業部としての独立性を堅持し、製品開発を進めてきたRSA。サイバー攻撃手口が巧妙化し、その脅威が深刻化する状況において、RSAは今後どのような方針を執るのか。2月24〜28日までの5日間、米国サンフランシスコで開催された「RSA Confere...

  • 2020/03/17

    日本マイクロソフト、在宅勤務応援で仮想デスクトップサービスをパートナーと展開

     2020年3月12日、日本マイクロソフトは「Microsoft Security Forum 2020」を開催。「在宅勤務応援」として、同社の仮想デスクトップサービス「Windows Virtual Desktop」についての解説と、パートナー各社のキャンペーンについて紹介した。

  • 2020/03/16

    DeNAがNIST発行フレームワーク等を参照しセキュリティポリシー大改定 当事者が語った狙いとは?

     ゲームやエンターテインメント、スポーツ、オートモーティブ、ヘルスケアなど、多彩な事業を国内外で展開するDeNAが自社のセキュリティポリシーの大改定を進めており、完成間近の状態にある。海外の拠点や子会社にも適用でき、現場の納得感を重視したという。セキュリティ部 部長としてこの大改定をリードするDeNAの茂岩 祐樹氏、ニュートン・コンサルティングのCISOである内海 良氏、ゾーホージャパンのソリューションエバンジェリストである曽根 禎行氏に鼎談していただいた。その模様をレポートする。

  • 2020/03/03

    知的財産を狙うランサムウェア攻撃、対策の鍵は適切なバックアップ戦略の策定

     ランサムウェアは、報告されている最も一般的なマルウェア脅威であり、平均被害額は年間133,000ドルにも達するといわれ、企業が直面する最も執拗で悪質なセキュリティ問題となっている。ただし、過少報告や企業の評判に対する懸念から、この被害額は氷山の一角だとも考えられる。犯罪者が独創性の高いやり方でIT環境に侵入し、データを奪い、企業に身代金を要求するにともない、ランサムウェアの被害は増加の一途をたどっている。

  • 2020/02/21

    エフセキュアがセキュリティ事業をアップデート──群知能型AI、レピュテーション分析など成果導入

     セキュリティベンダーのエフセキュアが2月18日にプレス会見でビジネスアップデートを発表。標的型攻撃への対処、分散エージェント型AIによる検知、レピュテーション分析など、新たなテクノロジーを組み込んだセキュリティソリューションを紹介した。

  • 2020/02/14

    そのクラウドサービス、本当にデータを渡しても大丈夫? マカフィーがレポートでリスクを指摘

     マカフィーは「クラウドの採用とリスクに関するレポート エンタープライズ スーパーノヴァ:データ分散編」を発表した。世界11ヶ国の企業IT担当者1,000人を対象にした調査と、McAfee MVISION Cloudの利用データ分析から得たものを合わせたレポートとなる。企業でクラウドサービスの普及が進む一方、機密データの扱いに関するリスクを指摘している。

  • 2020/02/07

    シスコ、ゼロトラスト実現のためのサービス拡充 コンサルテーションサービスも

     2020年2月3日、シスコシステムズは記者説明会を開き、サイバーセキュリティに関する自社のこれまでの取り組みと、ゼロトラストを実現するためのソリューションについて解説した。

  • 2020/01/30

    【緊急寄稿】新型コロナウイルスで今後企業に求められる対応とは

     中国・武漢で発症したとされるコロナウイルスによる新型肺炎の問題が企業にも大きな影響を与えつつあります。新型コロナウイルスの正体と、今後必要となる企業の対応について、企業のリスクコンサルティングに携わるニュートン・コンサルティングの勝俣良介氏の緊急寄稿をお届けする。

16~30件(全811件)
All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5