Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)テクノロジーでビジネスを加速するための実践Webメディア

テーマ別に探す

Citrix XenAppのサーバサイドアプリケーション仮想化はどのような仕組みになっているのか

2009/06/04 09:00

今回はCitrix XenApp(以降XenApp)のサーバサイドアプリケーション仮想化について説明します。サーバサイドアプリケーション仮想化は、プレゼンテーション仮想化とも呼ばれる場合があります。XenAppを構成する8つの基本コンポーネントの説明を中心に紹介していきます。

Citrix XenAppの概要

 今回はCitrix XenApp(以降XenApp)のサーバサイドアプリケーション仮想化について説明したいと思います。サーバサイドアプリケーション仮想化は、プレゼンテーション仮想化とも呼ばれる場合があります。XenAppは下記のような基本コンポーネントにより構成されています。

図1:全体構成図
図1:全体構成図
XenAppの基本コンポーネント
  • クライアント

     アプリケーションサーバに接続するためのクライアントソフトウェア
     

  • Web Interface

     クライアントが接続するインターフェース
     

  • ICAプロトコル

     クライアント、アプリケーションサーバ間で使用されるプロトコル
     

  • アプリケーションサーバ

     配信するアプリケーションを実行するサーバ
     

  • データコレクタ

     負荷情報や、再接続情報などを管理するサーバ
     

  • データストア

     設定情報などを管理するデータベースサーバ
     

  • 管理コンソール

     アプリケーションサーバやWeb Interfaceを管理する
     

  • ライセンスサーバ

     アプリケーションサーバに接続するためのラインセンスファイルを管理するサーバ
     

 クライアントからWeb Interfaceと呼ばれるWeb Applicationを構成するWebサイトに接続します。Web Interfaceでのユーザー認証が完了すると、そのユーザーに割り当てられているアプリケーションがブラウザやローカルのデスクトップ等に表示されます。

 表示されたアプリケーションのアイコンをクリックすると、アプリケーションサーバに接続し、実際のアプリケーションを使用するができます。アプリケーションはアプリケーションサーバ上で実行されるため、クライアント側ではインストールされている必要はありません。

 アプリケーションの画面イメージがサーバから転送されてくるような利用イメージです。一見すると、レスポンスなどユーザビリティが低い印象を受けます。しかし、実際にはローカルのパソコンで実行する場合よりも使い勝手が優れている場合がしばしばあります。

 クライアントとアプリケーションサーバ間ではICA(Independent Client Architecture)という通信プロトコルが使用されます。また、HDXと呼ばれる技術によってユーザーエクスペリエンスを高める様な工夫がなされています。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 北瀬 公彦(キタセ キミヒコ)

    シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社システムエンジニアリング部所属。 独立系SIerを経て、2000年にシトリックス・システムズ・ジャパンに入社。テクニカルサポート、グローバルエスカレーションでクラッシュダンプの解析やデバッグ作業にいそしんだ後、同R&D部にて、保守開発チーム(開発、...

バックナンバー

連載:Citrix XenAppで学ぶアプリケーション仮想化

この記事もオススメ

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5