Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

データサイエンティストの「ミッション、スキルセット、定義、スキルレベル」を発表

2014/12/11 12:40

 データサイエンティスト協会は、12月10日、同協会のスキル定義委員会がまとめたデータサイエンティストの「ミッション、スキルセット、定義、スキルレベル」を発表した。

 この内容は、11月27日に開催された「データサイエンティスト協会1stシンポジウム」において、データサイエンティスト協会のスキル定義委員会により「データ社会に求められる新しい才能とスキル」として発表されたもので、「データサイエンティスト」の意味を定義し、そのスキルセットを明らかにすることを目的としている。

 そのうえで、広くデータ活用の担い手となる人材の育成をめざすため、データサイエンティストに求められるスキルセットを次の3つであるとしている。

 1. ビジネス力(business problem solving):課題背景を理解した上で、ビジネス課題を整理し、解決する力

 2. データサイエンス力(data science):情報処理、人工知能、統計学などの情報科学系の知恵を理解し、使う力

 3. データエンジニアリング力(data engineering):データサイエンスを意味のある形に使えるようにし、実装、運用できるようにする力

図:データサイエンティストに求められるスキルセット(データサイエンティスト協会)

 また、「データサイエンティストとは、データサイエンス力、データエンジニアリング力を ベースにデータから価値を創出し、ビジネス課題に答えを出すプロフェッショナル」と定義している。

 データサイエンティスト協会では、3つのスキルセットのレベルによって、大きくデータサイエンティストには4つのスキルレベルがあるとしている。

  1.  業界を代表するレベル :Senior Data Scientist
  2.  棟梁レベル :(full)Data Scientist
  3.  独り立ちレベル:Associate Data Scientist
  4.  見習いレベル:Assistant Data Scientist

 今後、データサイエンティスト協会では、育成、運用課題などについて引き続き検討をする眼て行くという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

この記事もオススメ


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5