Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

著者情報

  • 大村奈緒(オオムラナオ)

    日本オラクル株式会社
    コンサルティングサービス統括
    テクノロジーソリューションコンサルティング統括本部
    テクニカルアーキテクト本部 DBコアコンサルティング部

    2009年日本オラクル株式会社に入社。入社以来、ミッション・クリティカルなシステムのアップグレードを行うプロジェクトで、Oracle Databaseの設計や運用に関するコンサルティングを主に担当。その他に、現場で聞かれるアップグレードの疑問を多くの人に伝え、安全なアップグレードを広める活動も行っている。

執筆記事

  • upg.gif
    2013/02/19

    新しいチューニング方法を試してみよう

    最初の2回で、最適な実行計画を作成するためには、どのような情報を「与える」必要があるか、ということを説明しました。次の2回では、どのような性能試験を実施すれば、アップグレードをきっかけに性能が劣化した処理を確認することができるか、ということを説明しました。最終回の今回は、性能が劣化したSQLを効率良くチューニングする、新しいチューニング方法をお伝えします。

  • upg.gif
    2013/01/10

    性能要件の厳しいシステムでお勧めする、オラクル製品を利用した性能試験

    前回は、アップグレードを行う時に、実施する必要がある試験と、正しい性能試験を行うために必要となる事前準備についてご紹介しました。今回は、性能要件の厳しいシステムでは実施することをお勧めする、アップグレード前後の実行計画を比較する性能試験と、オラクル製品を利用した性能試験についてお伝えします。

  • upg.gif
    2012/11/13

    アップグレード時にこのテストは実施しよう

    前回までは、最適な実行計画を作成するためには、どのような情報を「与える」必要があるか、ということを説明してきました。しかし、適切な情報を与えても、最適な実行計画が作成されないSQLも一部あります。そのため、リリース前に性能試験を必ず行い、アップグレードをきっかけに、性能が劣化する処理はないか確認する必要があります。今回と次回で、アップグレード時に実施して頂きたい試験と、適切な性能試験をするための秘訣をお伝えします。

  • upg.gif
    2012/10/11

    統計情報を取得する「適切なタイミング」を考えよう

    新しいバージョンのデータベースでは、よりSQL実行時のデータの状態を考慮した実行計画を作成します。そのため、適切な統計情報を取得することが、アップグレード後の性能劣化を起こさないためには重要であると、前回お伝えしました。そこで今回は、統計情報を適切に取得するために、知っておいたほうがよいノウハウをお伝えします。

  • upg.gif
    2012/09/07

    アップグレードで性能劣化はなぜ起きる?

    日本オラクルでデータベースのコンサルタントをしている大村です。システムのリプレースプロジェクトを支援していると、「ルールベースからコストベースになっても性能は大丈夫?」「昔アップグレードをした時、性能が劣化したSQLがあって大変な思いをしたけど、今は大丈夫なの?」という質問をうけます。アップグレードをすると、殆どのSQLは性能が向上しますが、性能が劣化する可能性も一部あります。しかし、性能劣化が起こる仕組みを理解し、正しい性能試験を実施することで、事前に性能劣化の恐れがあるSQLを見つけ、対処す...

5件中1~5件を表示
戻る


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5