Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)テクノロジーでビジネスを加速するための実践Webメディア

テーマ別に探す

著者情報

  • 忍田伸彦 (オシダノブヒコ)

    SAS Institute Japan ソリューションコンサルティング本部 
    Fraud & Security Intelligenceグループ 
    シニアコンサルタント 
     
    創価大学工学部情報システム学科卒業後、東京大学大学院工学系研究科にてバイオインフォマティクスの研究に従事し、博士(工学)の学位を取得。
     
    大学院修了後は大手システムインテグレーターに入社し、航空会社の予約/発券/搭乗業務に使用するミッションクリティカルシステムの設計・開発に携わる。
     
    博士号を持つ数理・統計分析の分野で社会貢献できる仕事をしたいというきっかけで2010年、SAS Institute Japanに転職。主に金融機関におけるアンチマネーロンダリング、不正検知分野のコンサルタントとして、SASのアナリティクス・ソリューションを活用しビッグデータ分析に取り組むお客様の業務課題の解決のために、データサイエンティストの知見と経験を最大限に発揮しながら日々奔走している。
     
    東京都出身。公認AMLスペシャリスト。 最近の趣味は料理。週末に手料理を囲んで友人や家族との団欒の時間を楽しむのがマイブーム。

執筆記事

  • 2017/01/26

    不正検知に使用するモデルのメンテナンス

     金融機関を中心に、不正対策にビッグデータを活用する取り組みが広がっています。本連載では、数々の金融機関とデータ分析プロジェクトを行ってきた著者の経験に基づき、効果的な不正対策をデータ分析で実現するための方法を解説しています。3回目となる今回は、不正検知に使用するモデルについて解説していきます。そもそもモデルとは何を指すのでしょうか?

  • 2016/10/18

    不正検知を目的としたデータ分析プロジェクトの進め方

     金融機関を中心に、不正対策にビッグデータを活用する取り組みが広がっています。本連載では、数々の金融機関とデータ分析プロジェクトを行ってきた著者の経験に基づき、効果的な不正対策をデータ分析で実現するための方法を解説します。

  • 2016/08/09

    不正対策におけるデータ分析の有効性

    金融機関を中心に、不正対策にビッグデータを活用する取り組みが広がっています。本連載では、数々の金融機関とデータ分析プロジェクトを行ってきた著者の経験に基づき、効果的な不正対策をデータ分析で実現するための方法を解説します。

3件中1~3件を表示
戻る


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5