Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

12c R2ではじめるOracle Databaseのシャーディング

2017/03/13 06:00

 DBOnlineの読者ならシャーディングという言葉をご存知の方が多いでしょう。複数のサーバを使用して単一の論理データベースを構成する手法のことです。特長は、各サーバがハードウェアを共有することなく論理データベースを構成できる点にあります。そのため、必要に応じて後からサーバを追加し、ハードウェアの制限がない大規模なスケールが可能となります。シャーディングはオープンソースのデータベースで使用されるケースが多いですが、Oracle DatabaseでもOracle Database 12c Release 2(以下、12c R2)からシャーディングの機能が提供されました。今回は、Oracle Databaseのシャーディングについて機能と特長をご紹介します。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • 川合 裕太(カワイ ユウタ)

     株式会社アシスト データベース技術本部  入社以来フィールド・エンジニアとしてデータベース・システムの構築、Oracle Database Appliance環境構築などを担当。その他、Oracle教育セミナーの講師を経験し、現在はOracle Exadata Database Machine担...

バックナンバー

連載:Oracle Database 12cR2のすべて
All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5