Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

データサイエンティスト協会が発足、ビッグデータ分析人材の育成と認定を目標

2013/07/16 00:00

一般社団法人 データサイエンティスト協会が設立され、7月16日に設立発表会がおこなわれた。ニーズの高まるビッグデータ分析などの人材のスキルを定義し、スキル標準を策定し、将来的には資格・認定制度を設けるという。

左より、宍倉 剛氏、草野 隆史氏、樋口 知之氏
左より、宍倉 剛氏、草野 隆史氏、樋口 知之氏

 データサイエンティスト協会の構成は、代表理事: 草野 隆史氏(株式会社ブレインパッド 代表取締役社長)、顧問: 樋口 知之氏(情報・システム研究機構 理事、統計数理研究所長 総合研究大学院大学統計科学専攻 教授)、事務局長: 宍倉 剛氏 (株式会社ブレインパッド 経営企画室長)からなり、現在50名ほどの賛同者がいるという。

 設立の背景としては、データの蓄積・処理・分析の技術は進展しているが、それらを活用するための人材の不足と能力要件の定義の不在がある。

 代表理事の草野氏は「私は発起人的立場、ビッグデータ分析と言われながらも企業の中で活用が進んでいない。データサイエンティストの定義を明確にし、人材の育成にとりくんでいく」と語る。協会の活動としては、データサイエンティストに必要とされるスキル要件、知識体系の定義とその普及、認定制度や検定制度の企画、運営、シンポジウムや研究会の開催など。

 顧問の樋口氏は「企業の中での分析人材はまだまだ便利屋にとどまっているのが現状。本格的に人材が求められていく今後に向けて、過去の経験、知識、分析、解析し、予測モデルをつくり、合理的な意志決定できるというデータサイエンティストを普及させる」という。

 活動のロードマップとしては、2013年度に、人材像・スキル定義、カリキュラム、シラバス作成、講座・書籍の公認などをおこない、2014年に他関連資格との連携MAP作成、2015年には評価制度の検討を予定している。

データサイエンティスト協会の活動
データサイエンティスト協会の活動

 

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5