Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)テクノロジーでビジネスを加速するための実践Webメディア

テーマ別に探す

「DevOpsの推進には経営層の意思が不可欠」米CAバイス・プレジデントが語る

2017/03/03 00:00

 ソフトウェア開発部門と運用部門の連携を高め、ビジネスの変化に合わせてシステム開発を高速化する、こうした要求に応えるためにDevOpsが近年注目されている。しかし、積極的に取り組む米国に比べると、日本での取組みはまだ限定的な状況であることも事実だ。米国の動向と日本との違いについて、来日したCA Technologiesのバイスプレジデントのクリス・ロウェット氏に話を聞いた。

米国の経営者はアプリケーションの価値を重視

Chris Rowett

CA Technologies アプリケーション部門 テクニカル・セールス担当バイス・プレジデント
クリス・ロウェット(Chris Rowett)氏

 CA Technologiesはメインフレーム管理やシステムの運用監視、管理系ソフトウェアを提供している。近年ではアプリケーション・エコノミーというコンセプトを打ち出しており、アジャイル開発、DevOpsのソリューションに注力している。今回のクリス・ロウェット氏の来日は、日本の企業に対するDevOps製品の普及を目的としたものだ。米国で急速に進んでいるのは「デジタル変革」だとロウェット氏は言う。

 「かつて街中にあった銀行の支店は今ではすっかり減っています。銀行の窓口は10数年前にWebになり、今ではスマホアプリになっているのです。これがデジタル・トランスフォーメーションです。自社サイト、クラウドサービス、アプリケーションが企業の命運を左右することを、世界中の経営者は気づいています」

 新しいソフトウェアを開発したいと考えたとしても、3ヶ月以内にそのソフトウェアの企画を承認し、開発を進めユーザーに導入できる企業はわずか8%に過ぎないという独立調査会社の報告を、ロウェット氏は紹介する。

 さらに94%の企業の経営者(CEO)は「アプリケーションのリリース期間の短縮圧力が高まっている」と考え、3分の2のビジネスリーダーは「事業の将来性はソフトウェア品質に関わる」と実感していると言う。

 ではデジタル変革と、これまでのIT化では何が違うのか、ロウェット氏は次のように語る。

 「常にソフトウェアを更新していくことです。スマートフォンのアプリだけでなく、自社の事業をサービス化するアプリケーションやWebシステムなどを柔軟で迅速に作るプロセスを持つことが、顧客満足やブランドの優位性をもたらします」

 この「常に更新するプロセス」を内包するソフトウェア開発に必要なものとして、3つの柱をロウェット氏は掲げる。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

バックナンバー

連載:EZ Press

もっと読む

この記事もオススメ

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5