Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

6年目を迎えたPGECons、本家開発コミュニティへのフィードバックも

2017/05/19 15:12

 オープンソース・ソフトウェアのデータベース、PostgreSQLの利用が拡大してきている。Amazon Web ServicesがAmazon Auroraの「PostgreSQL-compatible edition」の提供を開始し、マイクロソフトの「Azure Database for PostgreSQL」がPaaSで登場するのも、PostgreSQLが広く使われ始めたことを受けての動きだろう。本家PostgreSQLは最新版の9.6が2016年9月にリリースされ、今年はいよいよ10.0も登場しそうだ。9.6でもパラレルクエリなどエンタープライズ用途で必要となる機能が拡充しており、いよいよエンタープライズ・レディなデータベースになった印象がある。ところでこのPostgreSQLを企業のエンタープライズ用途でより使いやすくするための「PostgreSQL エンタープライズ・コンソーシアム(PGECons)」の活動が、2017年4月に5年を超え6年目に突入した。恒例となった前年度の活動報告会が、先日都内で開催された。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター ブレインハーツ取締役。AI、エキスパートシステムが流行っていたころに開発エンジニアに、その後雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダの製品マーケティング、広告、広報などを経験。現在は、オープンシステム開発を主なターゲットにし...

バックナンバー

連載:週刊DBオンライン 谷川耕一

もっと読む

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5