Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

【Excelデータ分析講座】1-2 複合グラフによる経費予実比分析~グラフ編

2012/01/30 07:00

グラフでデータ分析を行う際、単位の異なる数値(例:金額とパーセント)を一つのグラフで比較したい場合がよくあります。このような時に複合グラフを使用します。今回は、この機能を使用して経費予実比分析を行います。予実比分析では、予算と実績を棒グラフで、比率を線グラフで表示する複合グラフを使用します。

複合グラフを作成する

  複合グラフはExcelの標準のグラフに含まれていませんので、通常のグラフ作成手順に加えて、第2軸の追加とグラフ種類の変更の操作が必要になります。

 
グラフに表示したいデータ範囲を選択する。
キャプチャ
 
「挿入」タブの「グラフ」グループの「縦棒」から「2-D縦棒」-「集合縦棒」を選択する。
キャプチャ
 
グラフが表示されたら、凡例の「予算達成率」を選択し右クリックし、「データ系列の書式設定」を選択する。
キャプチャ
 
「使用する軸」を第2軸に変更する。
キャプチャ
 
第2軸が表示されたら、予算達成率のグラフ系列を選択し右クリックし、「系列グラフの種類の変更」を選択する。
キャプチャ
 
マーカー付き折れ線グラフを選択する。
キャプチャ
 
予算と実績の金額が棒グラフで、予算達成率が線グラフで表示された複合グラフが作成された。
キャプチャ

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 平井 明夫(ヒライ アキオ)

    株式会社エムキューブ・プラスハート 事業企画コンサルタント DEC、コグノス、オラクル、IAFコンサルティングにおいて20年以上にわたり、ソフトウエア製品やITサービスのマーケティング、事業企画・運営に携わる。現在は、事業企画コンサルタントとしてIT企業の新規事業立上げ、事業再編を支援するかたわら...

バックナンバー

連載:超実践!Excelデータ分析講座

もっと読む

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5