Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

AWS Summit Tokyoが開催、三菱UFJがAWSの活用状況とICT戦略を明かす

2017/06/01 12:00

 2017年5月30日から4日間、AWS Summit Tokyo 2017が開催されている。2日目の5月31日の基調講演ではアマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 代表取締役社長 長崎忠雄氏が登壇し、企業のデジタルITトランスフォーメーションへの取り組みを説明した。

 AWS Summit Tokyoは年々規模が拡大している。今年のイベント参加登録者は2万人を超えた。ブレイクアウトセッションは150以上、ブースも100以上となり、これらは「昨年の倍以上」と長崎氏は言う。

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 代表取締役社長 長崎忠雄氏

 AWSは常にクラウドをリードしてきた。2016年のガートナー マジック・クアドラントのIaaS部門(世界)でも堂々と「リーダー」として右上端に置かれている。アクティブユーザー(無料利用枠も含めて前月の利用実績があるユーザー)は世界で数百万、日本でも10万を超える。直近の四半期、2017年第1四半期の売上は世界で133億米ドル(約1.4兆円)。「IT業界において、この(1兆円)規模に最速で成長した企業です」と長崎氏は成長のスピードをアピールした。  

 AWSから花開いたスタートアップビジネスは数知れず。これからもAWSはスタートアップ支援を強化するとして、1年間で最大10万米ドル(約1100万円)を支援するAWS Activateほか、技術支援やビジネス支援など幅広くスタートアップへの後押しを続ける姿勢を見せた。またビジネスパートナーとなるAWSパートナーネットワークでの技術やビジネス支援も充実させている。

三菱東京UFJ銀行のICT戦略、AWSはコアプラットフォームの1つ

 この日の基調講演のテーマは「デジタル/IT トランスフォーメーション」。実際にAWSクラウドを用いてデジタルトランスフォーメーションを実践している企業がいくつか登壇した。  

 最初に登壇したのは三菱東京UFJ銀行 専務取締役 村林聡氏。同行のICT戦略の柱としてAPI、ブロックチェーン、AI(ディープラーニング)の3つを挙げた。具体的にはMUFGグループの企業が自社機能をAPIで解放する「MUFG APIs」、ブロックチェーン技術を応用した米Ripple社の決済ネットワークへの参画、AIで強みを持つアルパカとの協業などがある。同行ではAWSクラウドをコアプラットフォームの1つとして育成すると定め、本格活用から約1年半が過ぎたところ。  

 現在ではAWSを活用した本番稼働システムは5つ、開発中や検討案件を含めると100を超す。人材育成にも力を入れており、基盤スタッフだけではなく業務スタッフやユーザ部へも順次拡大する予定だ。AWSを活用した自立的なインフラサービスを構築することで、イノベーション促進や開発のスピード向上やコスト削減などを狙う。村林氏はAWSを「IT業界のシェアリングエコノミー」と表現していた。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • DB Online編集部(ディービーオンライン ヘンシュウブ)

    DB Online編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供するデータベース/データテクノロジー専門メディア「DB Online」編集部です。皆様からの情報お待ちしています。 Twitter : https://twitter.com/db_online Fac...

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    EnterpriseZine/Security Online キュレーター フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online&nbs...

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5