EnterpriseZine(エンタープライズジン)テクノロジーでビジネスを加速するための実践Webメディア

テーマ別に探す

POPにするか? IMAPにするか?~メールの利用スタイルを大きく変える選択ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/05/28 09:00

メールを閲覧する場合に利用できるプロトコルとして、POPとIMAPの二つのプロトコルがあります。どちらのプロトコルを選択するかによって、利用のイメージが大きく変わるため慎重に検討する必要があります。今回は、POPとIMAPのそれぞれの特徴を紹介します。

POPかIMAPか

 メールを閲覧する場合に利用できるプロトコルとして、POPとIMAPの二つのプロトコルがあります。どちらのプロトコルを選択するかによって、利用のイメージが大きく変わるため慎重に検討する必要があります。今回は、POPとIMAPのそれぞれの特徴を紹介します。

IMAP

 IMAP(Internet Message Access Protocol)は、メールサーバ上のメールを管理するプロトコルです。現在のプロトコルバージョンが4ですので、IMAP4とも呼ばれます。

 IMAPでは、メールはサーバ上に保管され、閲覧などの必要性がある場合だけ取り出すようになっています。メールサーバ上に複数のフォルダを作りメールを管理することができ、メールの検索などの機能もサーバ側で行うことができます。

IMAP(Internet Message Access Protocol)
IMAP(Internet Message Access Protocol)

POP

 POP(Post Office Protocol)は、メールサーバに保管されているメールを取り出すために利用する、もっともベーシックなプロトコルです。現在のプロトコルバージョンが3ですので、POP3とも呼ばれます。

 POPでは、メールサーバ上のメールをダウンロードする基本的な手順だけが決められています。通常の利用方法では、メールは端末側にダウンロードし、端末側で管理します。メールは端末に保管されますので、フォルダに分類したり、検索したりという機能は、すべて端末側のソフトウェアで実現します。ISPなどのメールアドレスを利用する場合には、ほとんどPOPが使われています。

POP(Post Office Protocol)
POP(Post Office Protocol)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

過去の人気記事ランキング

著者プロフィール

この記事に登録されているタグ

All contents copyright © 2006-2014 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5