EnterpriseZine

POPにするか? IMAPにするか?~メールの利用スタイルを大きく変える選択ポイント

第2回

デージーネット 恒川 裕康 [著] 2009年05月28日 09:00
このエントリーをはてなブックマークに追加
1 2 →

メールを閲覧する場合に利用できるプロトコルとして、POPとIMAPの二つのプロトコルがあります。どちらのプロトコルを選択するかによって、利用のイメージが大きく変わるため慎重に検討する必要があります。今回は、POPとIMAPのそれぞれの特徴を紹介します。

POPかIMAPか

 メールを閲覧する場合に利用できるプロトコルとして、POPとIMAPの二つのプロトコルがあります。どちらのプロトコルを選択するかによって、利用のイメージが大きく変わるため慎重に検討する必要があります。今回は、POPとIMAPのそれぞれの特徴を紹介します。

IMAP

 IMAP(Internet Message Access Protocol)は、メールサーバ上のメールを管理するプロトコルです。現在のプロトコルバージョンが4ですので、IMAP4とも呼ばれます。

 IMAPでは、メールはサーバ上に保管され、閲覧などの必要性がある場合だけ取り出すようになっています。メールサーバ上に複数のフォルダを作りメールを管理することができ、メールの検索などの機能もサーバ側で行うことができます。

IMAP(Internet Message Access Protocol)
IMAP(Internet Message Access Protocol)

POP

 POP(Post Office Protocol)は、メールサーバに保管されているメールを取り出すために利用する、もっともベーシックなプロトコルです。現在のプロトコルバージョンが3ですので、POP3とも呼ばれます。

 POPでは、メールサーバ上のメールをダウンロードする基本的な手順だけが決められています。通常の利用方法では、メールは端末側にダウンロードし、端末側で管理します。メールは端末に保管されますので、フォルダに分類したり、検索したりという機能は、すべて端末側のソフトウェアで実現します。ISPなどのメールアドレスを利用する場合には、ほとんどPOPが使われています。

POP(Post Office Protocol)
POP(Post Office Protocol)
1 2
→
このエントリーをはてなブックマークに追加

過去記事

関連記事

プロフィール

デージーネット 恒川 裕康 デージーネット ツネカワ ヒロヤス

株式会社デージーネット 代表取締役。「より安全で」、「より快適で」、「より楽しい」インターネットの実現をテーマとして、クラスタシステムを使った高信頼サーバの構築、SPAM対策やウイルスチェック対策のためのソフトウェアの開発、携帯サイト向けのシステム開発など、オープンソースソフトウェアを活用した事業を展開している。

著書に『Linuxアドバンストネットワークサーバ構築ガイド HAサーバ構築編』『Linuxで作る完全メールシステム構築ガイド―sendmail/Postfix/qmail対応』(ともに秀和システム)などがある。


スポンサーサイト