Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

OracleはJavaOneでのメッセージ発信でコミュニティからの不信感を払拭できたのか

2016/09/22 20:51

 米国サンフランシスコで行われているOracle OpenWorld 2016と併催されているのが、Java開発者が一同に集う恒例イベント「JavaOne 2016」だ。実は今回のJavaOneが開催される前に、OracleがJava EEの開発から手を引くのではとの憶測も出ていた。そのことに対する一部コミュニティの具体的な動きもあり「日本Javaユーザーグループ、Java EE仕様策定プロセスの移管をOracleに求める世界的な活動への支援を表明(https://codezine.jp/article/detail/9494)」といった記事も掲載されている。そういう状況下でのJavaOne開幕となり、Oracleがいったいどんなメッセージを出すのかが注目されていた。

Java EEの2つのバージョンを並行開発する

ジョージ・サーブ氏

ジョージ・サーブ氏

  今回のJavaOneのタイミングに合わせ、OracleのJavaに対する取り組みについて説明する一部記者向け説明会が行われた。

  Javaプラットフォームの開発グループ バイスプレジデントのジョージ・サーブ氏は、まずJavaOneの基調講演で発表されたOracle JDK+Dockerの話題に触れた。サーブ氏によれば、すでにJavaとDockerは一緒に使われている。Oracle JDKは人気のあるバイナリであり、Javaのコンテナ化に興味ある開発者をこれでサポートできる。詳細については今後改めて情報が出てくるが、この機能については間もなく提供されるものだと説明した。とはいえJavaのコンテナ化の方法は、もちろんこれが唯一の方法ではない。

 Java EEの取り組みについて説明したのは、クラウドアプリケーションのエンジニアでグループバイスプレジデントのアニル・ガウァ氏だ。彼は今後クラウド向けのサービスへと大きく舵を切るJava EEのOracleの戦略について基調講演で説明した人物だ。彼は、まずJava EE 8、Java EE 9のロードマップを示したことを強調した。

アニル・ガウァ氏

アニル・ガウァ氏

 「Javaを取り巻く世界が大きく変わりつつあります。分散型だったものが、マイクロサービス化してクラウドの中のアプリケーション開発に焦点を当てなければならなくなっています。ロードマップでは、これからはAPIを提供するものになり、セキュリティや拡張性を強化することを表明しました。さらにプログラミングモデルも変わりデータストリームの扱いやKey-Value型データをもっと簡単に使えるようにすること、イベント処理の強化といったものなども加わっています」(ガウァ氏)

 この他には、クラウドで使うことを想定するとセキュリティ、マルチテナンシーが重要になるともガウァ氏は言う。セキュリティに関してはハイブリッドクラウドの環境で使うことを想定し、その際にも一貫したクレデンシャル情報が必要になると指摘する。また、マイクロサービスが数1,000といった規模で動くことを想定すればその管理が複雑になり、それに対処するにはマルチテナントの機能が必要になると説明する。このマルチテナント対応もJava EE 8に入る予定だ。

 基調講演で明らかにされたこのロードマップでは、Java EE 8の最終版を2017年末までに提供し、翌2018年には早くもJava EE 9を提供する予定となっている。短期間でJava EE 9を提供するためには、Java EE 8と並行で開発することも表明している。このようにロードマップを示し、2つのバージョンの並行開発を明らかにしたことで、OracleがJava EEの開発にコミットしている証拠だと捉えて欲しいというのがガウァ氏の意向だ。つまりはこれがOracleの意向と言うことになる。このOracleの意向については、Javaのコミュニティサイドもある程度理解を示していると捉えて良さそうだ。

ロードマップ
ロードマップ

 そんなコミュニティによる理解の裏付の1つが、基調講演の最後に登場した8社のパートナー、ユーザー企業からのエンドース発言だろう。ここには8人中4人が日本企業からの代表者で驚かされることになった。登壇したのは富士通 ミドルウェア事業本部 シニアプロフェッショナルエンジニアの数村憲治氏、日立 ICT事業統括本部 企画本部 事業企画部 部長代理の村上貴史氏、NEC クラウドプラットフォーム事業部 事業部長の岸上信彦氏、さらにはユーザーとして損害保険ジャパン日本興亜の取締役常務執行役員 浦川伸一氏で、彼らは今回示されたJava EE8、Java EE 9のクラウドへの対応やマイクロサービス化の方向性を基本的には支持する発言を行っている。

 一方で、このエンドースメントのメンバーの中に、例年であれば必ず登場していたIBMやRed Hatがいないという現実も少し気になるところだ。Microprofileなどの開発でリードしている彼らがここにいなかったことは、まだまだ全面的にOracleの態度をコミュニティ各社が受け入れているとは限らないと想像してしまう。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター ブレインハーツ取締役。AI、エキスパートシステムが流行っていたころに開発エンジニアに、その後雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダの製品マーケティング、広告、広報などを経験。現在は、オープンシステム開発を主なターゲットにし...

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

この記事もオススメ

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5