Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)テクノロジーでビジネスを加速するための実践Webメディア

テーマ別に探す

Salesforce DXでforce.comとHerokuを1つに

2016/11/11 11:11

 10月に開催されたSalesforce.comの年次カンファレンスイベント「Dreamforce」では、AIソリューションの「Einstein」が大きなテーマとして取り上げられた。Salesforceの場合はAI技術の高さを競うよりは、AIの民主化を目指しているように感じている。なので、Salesforceのアプリケーションを利用している裏側でEinsteinが適宜動き、賢い判断のサポートや正確な将来予測をしてくれるようになるのが主流だ。まだまだEinsteinは発表したばかりのソリューションであり、今後徐々にAI機能が追加されSaaSに組み込まれてくるようだ。

 新たなAI技術のEinsteinのコンポーネントは、PaaS環境のHerokuで動いている。SalesforceのPaaSというと独自の開発言語、開発環境であるforce.comを思い浮かべてしまう。しかしながら、それと組み合わせてPaaSの世界を大きく広げるのがHerokuだ。App Cloudのプラットフォームであるforce.com、Herokuを担当するCTO モーテン・バガイ氏に、Salesforceのプラットフォーム戦略について話を訊いた。

CTO モーテン・バガイ氏
CTO モーテン・バガイ氏

新たにforce.comの外でソースコード・ドリブンな開発ができるように

―Dreamforceではデベロッパー向けの基調講演が行われました。Salesforceは開発者にどのようなメッセージを伝えたかったのでしょうか?

バガイ:Salesforceの開発環境に関する、長期的ビジョンを明確にすることが目的でした。force.comとHerokuのすべての機能を利用したアプリケーションがどんなものになるのか、その姿を明らかにしました。このバックグラウンドは、5年前にHerokuを買収し、以降次世代のSalesforceプラットフォームを作ろうとしてきたことがあります。次世代プラットフォームで、開発者の経験を1つにすることも目標です。

 さらに、次世代のプラットフォームではアプリケーション・ライフサイクル管理ができることも求められています。そのためにforce.comに機能を追加し、Salesforce DXを提供しています。Salesforce DXでは、開発したアプリケーションのプロビジョニングの新しい方法であるscratch orgがあり、これを使うことで高速にプロビジョニングが行えます。

 またソースコード開発をforce.comの外でも行えるようにしました。これにより、ソースコード・ドリブンの開発をforce.comにも提供しています。これらの機能を使ってforce.comの外で開発したソースコードを、自動的にSalesforceの環境に配置できます。これで、継続したデリバリと継続したソースコード・ドリブン開発が可能になるのです。この機能の実現には、Herokuの中にあるContinuous Deliveryを適用しています。

 ソースコードを外に出したことで、force.comで新たな開発を行おうとしているエンジニアは、過去の資産を活用できることにもなります。またSalesforceをこれまで使ってこなかった開発者に対しては、Salesforceのプラットフォームの利用を広げることにつながるでしょう。開発者はSalesforceのプラットフォームで新たな体験ができ、その結果生産性も向上するのです。

―具体的にソースコードを外に置くというのは、どういう仕組みですか?

バガイ:外に置くための仕組みとしてHeroku Flowがあります。ここではGitHubを使っています。これはGitHubに限るというわけではありませんが、現状多くのエンジニアがGitHubを使っているので、1つの使い方として採用しています。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター ブレインハーツ取締役。AI、エキスパートシステムが流行っていたころに開発エンジニアに、その後雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダの製品マーケティング、広告、広報などを経験。現在は、オープンシステム開発を主なターゲットにし...

  • DB Online編集部(ディービーオンライン ヘンシュウブ)

    DB Online編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供するデータベース/データテクノロジー専門メディア「DB Online」編集部です。皆様からの情報お待ちしています。 Twitter : https://twitter.com/db_online Fac...

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

この記事もオススメ

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5