Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)テクノロジーでビジネスを加速するための実践Webメディア

テーマ別に探す

ARIとクラウディアン、データストレージ間の大量データ転送を可能にするソリューション

2015/05/11 12:00

 ARアドバンストテクノロジ(ARI)とクラウディアンは、ARIが開発提供するファイル自動管理ソフトウェア「ZiDOMA data」の新バージョンと、クラウディアンが開発提供するスケールアウト型オブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HyperStore」との相互接続性を公式認定したことを発表した。これにより、現在、データを保管しているNAS(ネットワーク接続ストレージ)と「CLOUDIAN HyperStore」ストレージ間、または「CLOUDIAN HyperStore」ストレージ相互間において、自動的に大量データを転送できるようになるという。

 「CLOUDIAN HyperStore」は、汎用サーバをハードウェアとして扱うSDS(Software Defined Storage)であり、スケールアウト型のオブジェクトストレージを、中小規模から大規模まで経済的に構築・運用できるという。

 「ZiDOMA data」は、ファイルのサイズ、更新日時、利用頻度といったポリシーに応じて、ストレージのデータをNAS・NAS間、NAS・クラウド間、クラウド・クラウド間で移動・複製できるアプリケーション。

 ストレージ更改時のデータ移行、遠隔地保管、データセンター間複製、クラウド利用等におけるデータ転送をタスクとして管理し、スケジュール実行できる。サービス事業者や一般の企業において、現行のストレージシステムを活かしながら、オブジェクトストレージと組み合わせてデータを管理することで、全体の最適化を図ることが可能となるとしている。

「ZiDOMA data」の画面

 また、「ZiDOMA data」は、ILM(Information Lifecycle Management)ツールとしても活用できる。

 アクセス頻度の少ないデータが大きな割合を占めるファイルサーバー用途に、高速で高額なストレージ製品を利用しているケースでは、「ZiDOMA data」を使うことで、アクセス頻度の少ないデータを大容量かつ経済的なオブジェクトストレージに移動し、データの階層管理をすることで、将来的なITコストの増加を抑制することが期待できるという。

 なお、ARIとクラウディアンは、5月13~15日に東京ビッグサイトで開催する「第17回データストレージEXPO」で、このソリューションのデモ展示を行う。

関連リンク

著者プロフィール

この記事もオススメ


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5