Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NEC、東京海上日動の約3万台のシンクライアントシステムを支える仮想化基盤を移行

2015/06/26 12:00

 NECは、東京海上日動グループの約3万台の仮想PC型シンクライアントシステムを支える仮想化基盤ソフトウェアの移行を実施したと発表した。約3万台の大規模な仮想PC型シンクライアントシステムを支える仮想化基盤ソフトウェアの移行は、先進的な事例になるとしている。

 東京海上日動が採用しているNECのシンクライアントシステム「VirtualPCCenter」は、複数種類の仮想化基盤ソフトウェア(ハイパーバイザー)を統合管理/混在運用することが可能だという。

 今回、マイクロソフト社の「Windows Server 2012 Hyper-V」を活用することで、リソース増強を最低限に抑え、約6か月という短期間での移行を実現した。

 東京海上日動は、NECが構築を担当して、2009年に仮想PC型シンクライアントシステムを導入した。今回、仮想PCのOSであるWindows XPが2014年4月9日でサポートを終了することに伴い、新OSへの移行を計画したが、業務担当者が利用する約3万台の仮想PCを新OSへ移行するには、新たに必要となるCPU・メモリリソースの増加を補うためのサーバ増設のコストが課題となっていた。

 「VirtualPCCenter」は、柔軟な管理機能や複数の仮想化基盤ソフトウェアの統合管理・混在運用が可能だという。

 そこで、「VirtualPCCenter」の特性を活かし、既存の仮想化基盤ソフトウェアを動作させながら、徐々に新しい仮想化基盤ソフトウェア「Windows Server2012 Hyper-V」に仮想PCのリソースを移行するとともに、メモリ需要に対する柔軟なリソースの割り当て管理が可能な「Dynamic Memory機能」を活用することで、物理メモリの増設容量を最低限に抑え、新OSへ移行した。

 これにより、OS移行に伴うシステム導入コストを大幅に抑えるとともに、約6か月という短期間でスムーズな仮想化基盤の移行を実現した。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

この記事もオススメ


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5