Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

クラウディアン、広域分散ストレージ製品が日米DC11拠点で災害復旧を検証する製品に選択

2015/10/09 11:00

 クラウディアンは、同社が開発提供する広域分散ストレージ製品「CLOUDIAN HyperStore」が、大阪大学が主幹するプロジェクトが評価および検証する商用製品に選択されたことを発表した。

 この評価および検証は 2014~2015年度総務省戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)からの支援を受けているDESTCloud(Disaster Emulation Simulation Testbed for distributed systems such as Cloud computing environment)プロジェクトが、この10月から来年3月までの期間、次の日米大学等11拠点のデータセンターをネットワークで相互接続し、広域分散システムの耐災害性・耐障害性を評価するもの。

 日米11拠点:大阪大学、金沢大学、京都大学、高知工科大学、国立情報学研究所、東北大学、奈良先端科学技術大学院大学、広島大学、札幌DC、沖縄DC、カリフォルニア州立大学サンディエゴ校

 地震や津波災害においては、同時多発的なネットワーク障害が想定されるため、このプロジェクトは、JGN-X(新世代通信網テストベッド)上に広域分散ネットワークを構成し、擬似的にランダムなネットワーク障害を発生させ、広域分散システムが複数データセンターに分散・複製保存するデータへの影響や障害復旧動作を評価する。

 このプロジェクトでは、検証方法を広く公開し、標準化団体に提案することで、迅速な災害復旧対策につながることが期待されるとしている。

 広域分散システムとして評価される、「CLOUDIAN HyperStore」は、複数データセンターに自動的にデータを分散・複製し保存する機能を備えている。複数データセンター間のデータの整合性を常に保つ同期複製と、数秒後に同期する準同期複製を選択利用することができる。

 そのため、平均的に1日に数回程度、バックアップ用データセンターにデータを複製し保護する従来のITシステムによる災害復旧対策に比べ、災害復旧目標を秒単位にまで短縮できるという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5