Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)テクノロジーでビジネスを加速するための実践Webメディア

テーマ別に探す

NEC、ハード・ソフト・構築支援サービスをセットにした「仮想化簡易導入ソリューション」を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/01/15 14:15

 NECは、仮想化基盤の導入を検討しているユーザ向けに「仮想化簡易導入ソリューション」を1月15日から発売する。このソリューションは、IAサーバ「Express5800/R120f-1M」とユニファイドストレージ「iStorage M110」、仮想化環境を実現するソフトウェア「VMware vSphere 6」、構築支援サービスをセットにしたもの。

 このソリューションは、事前に動作検証・評価の実施し、構築支援サービスを提供することで、簡単かつ短期間で仮想化基盤の導入を実現するという。

 また、「VMware vSphere 6」の仮想ボリューム機能「Virtual Volumes(VVOL)」により、従来の論理ディスク単位から仮想マシン単位でストレージ機能を利用可能にする。

 「仮想化簡易導入ソリューション」の特徴は次のとおり。

 1. 短期間での仮想化基盤の導入を実現:事前にサーバとストレージを組み合わせて「VMware vSphere 6」の動作検証、評価を実施しているため、ユーザは検討やサイジングが不要。また、ハードウェアやソフトウェアのセットアップを支援する「構築支援サービス」により、簡単かつ短期間で仮想化基盤の導入を実現。

 2. ストレージ機能を仮想マシン単位で利用可能:従来の仮想化環境では、サーバは仮想マシン単位で、ストレージは論理ディスク単位でリソースを管理するため、バックアップや復旧、QoS(Quality of Service)などのストレージ機能を仮想マシン単位で利用したい場合も論理ディスク単位で利用する必要があった。「VMware vSphere 6」の仮想ボリューム機能「VVOL」により、ストレージ機能を仮想マシン単位で利用可能に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

著者プロフィール

この記事もオススメ


All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5