Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)テクノロジーでビジネスを加速するための実践Webメディア

テーマ別に探す

日本マイクロソフト、「Dynamics CRM Online」の閉域網接続をパートナー4社と提供

2016/02/23 15:00

 日本マイクロソフトは、Office 365に続く日本市場におけるクラウド事業強化の一環として、接続パートナー企業4社と連携し、「Microsoft Dynamics CRM Online」とユーザーの設備を専用線やVPNなどインターネットから分離された閉域網で直接接続する「ExpressRoute for Dynamics CRM Online」を、2月23日から順次提供を開始する。

 「ExpressRoute for Dynamics CRM Online」は、CRM業務で扱われる機密情報を含む顧客情報や売上情報、顧客サポート情報等のデータへの高いセキュリティの担保や、業務上一貫して安定したパフォーマンスを必要とする企業のためのサービスだという。

 ユーザーのデータセンターや社内システムとマイクロソフトのデータセンターを直接接続することで、ネットワーク経路上のセキュリティや、オープンなインターネット経由でのパフォーマンスに関する懸念を解消するという。

 今回、次の接続パートナー企業4社と連携し「ExpressRoute for Dynamics CRM Online」の提供を開始することで、営業情報やサポート情報などの重要な業務データのやり取りを、インターネットを介さず行うことへの要望が特に強い大企業や金融、公共分野におけるクラウド利用を推進するとしている。

  • インターネットイニシアティブ
  • エクイニクス・ジャパン
  • NTTコミュニケーションズ
  • ソフトバンク

 「ExpressRoute for Dynamics CRM Online」の提供開始により、マイクロソフトのパブリッククラウドサービスの中核となる「Azure」「Office 365」および「Dynamics CRM Online」の3サービスすべてが、日本国内のデータセンターから閉域網での直接接続に対応することになる。

関連リンク

著者プロフィール

この記事もオススメ


All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5