Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)テクノロジーでビジネスを加速するための実践Webメディア

テーマ別に探す

日本IBM、「FinTech共通API」を提供し利便性向上、セキュリティー強化などを支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/02/24 12:30

 日本IBMは、金融とテクノロジーを組み合わせ新たな金融サービスを実現するFinTechへの取り組みの一環として、オープンかつ汎用的な「FinTech共通API」を、銀行向けに2月24日から提供を開始する。

 現在、多くのFinTechサービスは、画面情報のやりとりで銀行システムとの連携を図っている。また、利用者がインターネット・バンキングのIDとパスワードをFinTechサービスに登録することで、銀行取引データとの連携を図っている。そのため、FinTechサービスとの連携においては、銀行システムの仕様変更への迅速な対応、セキュリティーの確実性、アプリケーション開発の生産性といった課題があるという。

 「FinTech共通API」は、FinTechサービスと既存のインターネット・バンキングをアプリケーション間で接続し、残高照会、入出金明細照会、口座情報照会といったインターフェースを含むAPI群。また、APIの標準化を推進している「BIAN(Banking Industry Architecture Network)」の仕様に基づいており、オープンかつ汎用的なことが特徴だという。

 「FinTech共通API」を利用した場合、画面情報のやりとりではなくアプリケーション間を接続するため、銀行側の画面変更にFinTechサービスが即座に対応できずエラーが発生するといったことがなくなり、利用者の利便性が向上する。

 また、FinTechサービスと各銀行のサービスとのインターフェースを個別に設計する必要がなくなり、開発に関する時間とコストを削減できるという。セキュリティーについては、オープンな認証プロトコル「OAuth」により、利用者のIDやパスワードを銀行が認証した上で、FinTechサービスの利用を許可する仕組みとなり、セキュリティーが強化されるという。

 「FinTech 共通API」は、IBMのAPI作成・管理・運用ソフトウェア「IBM API Connect」と「IBM DataPower Gateway」により提供されるオープンな認証プロトコル「OAuth」と連携し、強固なセキュリティーを実現するとしている。

 「FinTech共通API」は、銀行が新たなFinTechサービスを容易に試せるテスト用APIとして「チャレンジ・スタブ」やFinTechアプリケーションのデータを各銀行向けのデータに変換する機能「データ・マッピング」も提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

著者プロフィール

この記事もオススメ


All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5