Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)テクノロジーでビジネスを加速するための実践Webメディア

テーマ別に探す

日本IBM、企業が利用するMacの導入・管理・運用支援サービス「MMS for Mac」を発表

2016/05/16 15:15

 日本IBMは、企業において社員が業務に適したモバイル・デバイスを選択する際にMacを希望するニーズの高まりに適切に対応するため、企業利用Macの導入・管理、運用支援などを安全かつ容易に行うサービス「IBM Managed Mobility Services for Mac(MMS for Mac)」を、5月16日から提供することを発表した。

 IBMでは、ユーザー中心のワークプレース環境への変革の取り組みを推進し、自らが高度でセキュアなIT環境において迅速かつ大規模に世界中の従業員に対してMacを展開している。この取り組みにより、Macの大規模導入のベスト・プラクティスが確立されると同時に、従業員満足度の向上、管理プロセスの簡素化、サポート品質の改善などを実現したという。

 このサービスは、IBM自身のMacの大規模導入経験に基づき、2015年8月にグローバルで発表されたサービスを、日本向けに日本語対応などを追加し、日本IBMから提供するもの。

 主な提供機能は、Apple製品管理で業界をリードするJAMF Software社Casper Suiteを利用したMacデバイスの管理、Over-the-airプロビジョニングによる迅速な展開サポート、アプリケーションとセキュリティー・ポリシー設定情報の配布とサポート情報への統合アクセス窓口となるセルフサービス・ポータルになる。

 IBMは、初期サービスとしてデバイス管理環境のセットアップ、定常運用サービスとして管理環境の運用および定期的なアプリケーションや修正プログラム、管理ポリシーの更新と配信を行う。

関連リンク

著者プロフィール

この記事もオススメ


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5