Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)テクノロジーでビジネスを加速するための実践Webメディア

テーマ別に探す

デジタルアーツ、標的型攻撃対策で「i-FILTER」とトレンドマイクロのDDIとの連携オプション発表

2016/12/13 14:30

 デジタルアーツは、情報漏洩防止と内部統制を推進するWebフィルタリングソフト「i-FILTER」とトレンドマイクロのネットワーク監視製品「Deep Discovery Inspector(DDI)」との連携オプションを2017年1月から提供すると発表した。この連携により、組織内部のネットワークの可視化により攻撃を早期に発見し、内部対策と出入口対策をワンストップで提供可能にするという。

 デジタルアーツは、複雑化する標的型攻撃や「未知の脅威」対策を強化する目的で、「FireEye」との連携オプションに続き、不正プログラムの侵入を前提として組織内部のネットワークを可視化し、標的型攻撃やゼロデイ攻撃への早期発見・対処を可能にする「入口・出口・内部対策」に有効なトレンドマイクロの「DDIシリーズ」との連携オプションを開発したという。

 トレンドマイクロの「DDIシリーズ」は、ファイルのふるまい分析だけではなく攻撃に用いられる通信や脆弱性攻撃を検出する複数のエンジンでの解析を行うことで、不審な動きを早期に発見し、被害の深刻化を防ぐという。

 この連携により、「DDIシリーズ」のサンドボックスで検知したC&Cサーバーへの通信を、連携モジュールが自動で「i-FILTER」のデータベースに登録し、C&Cサーバーへのコールバック通信を即時にブロックすることが可能となり、Web上の複合型の高度な脅威による機密情報の漏洩を阻止することができるという。

 「i-FILTER」は、情報漏洩対策とWebの有効利用のための企業向けWebフィルタリングソフトで、業界最大級のWebフィルタリングデータベースと、特許を取得したフィルタリングテクノロジー「ZBRAIN」により、業務中の閲覧が不適切なWebサイトを高い精度で遮断するとしている。

 また、Webメールの利用や掲示板の書き込みなどといった、Web経由の情報漏洩を防ぐとともに、その内容を記録・確認・保存することが可能なため、内部統制対策としても有効なソリューションだという。

関連リンク

著者プロフィール

この記事もオススメ


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5