Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

インサイトテクノロジー、Oracle向けディザスタリカバリ ソフトウェアの最新版をリリース

2017/01/12 14:30

 インサイトテクノロジーは、Oracleデータベース向けディザスタリカバリソフトウェア「Dbvisit Standby」(製造元:ニュージーランド Dbvisit社)の最新版「Version 8.0」をリリースしたと発表した。

 「Dbvisit Standby」は、Oracleデータベースのアーカイブログ情報(データの変更差分情報)を定期的に遠隔地に転送することにより、災害・障害時のデータ損失を極小化することが可能となり、ビジネスの継続を実現するという。

 最新版は、GUIにセントラルコンソールが新たに導入され、操作性が向上、複数のスタンバイ・データベースの一元管理が可能になった。また、スタンバイ・データベースがOracle RACの場合の構築・運用機能を強化したという。

 最新版で追加された主な機能は次のとおり。

  • セントラルコンソール:Webインターフェースで簡単に複数の構成を管理
  • スタンバイ・データベースがOracle RACの場合の構築・運用機能を強化
  • Oracle Database 12cのプラガブル・データベースをサポート
  • 既存のスタンバイ・データベースから、スタンバイ・データベース作成をサポート
  • APIを強化:80以上のコマンド行インターフェースをサポート
  • スタンバイ・データベースのSCN、またはTimestamp指定のリカバリをサポート
  • Switchoverのパフォーマンスが向上
「Dbvisit Standby」Version 8.0のメインメニュー  

 ■対応環境

  • Oracleデータベース:11gR2~12c(32 & 64bit version)
  • Oracleエディション:Oracle Enterprise Edition、Standard Edition(SE、SE1 & SE2)、Oracle Express Edition
  • ストレージ:ASMファイルシステム
  • OS:Windows:2008(64bit)以上、Linux:Intel & AMD(64bit)、Unix:AIX / Solaris(対応予定)

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5