Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

セキュリティ関連の企業連合「BAPT」、中堅・中小向けの標的型攻撃対策セミナーを3月3日に開催

2017/02/16 14:00

 セキュリティ製品メーカー、コンサルティング会社、SIerの8社で構成される企業連合「BAPT(ベースラインAPT対策コンソーシアム)」は、「中堅・中小企業のサイバーセキュリティ対策セミナー」を3月3日にTKPガーデンシティ御茶ノ水で開催する。当日は、BAPTの事務局を務めるゾーホージャパンもセミナーで講演を行う。

 このセミナーでは、中堅・中小企業のセキュリティ担当者が、標的型攻撃の対策を行う上で必要となる情報だけでなく、他企業の取り組みやセキュリティ対策トレンドについても紹介するという。

 ゾーホージャパンの他に、BAPT参加企業としてニュートン・コンサルティング、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン、ウェブルートが登壇し、中堅・中小企業が標的型攻撃対策を実施する際の要所解説を行うほか、ゴルフダイジェスト・オンライン、および鹿島建設による、自社のセキュリティ対策への取り組みに関する特別講演も予定している。

 なお、講演プログラム終了後には、参加企業間でセキュリティ対策トレンドについて情報交換ができる懇親会の開催を予定している。

 ■イベント概要

  • イベント名:標的型攻撃 どこから手を付けるか!「中堅・中小企業のサイバーセキュリティ対策セミナー」
  • 日時:2017年3月3日(金)13:20~(13:00開場)
  • 会場:TKPガーデンシティ御茶ノ水
  • 定員:100名
  • 参加費用:無料(事前登録制)
  • 主催:ベースラインAPT対策コンソーシアム(BAPT)
  • 協賛:ニュートン・コンサルティング、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン、ウェブルート、ゾーホージャパン
  • 詳細と参加登録:Webサイト

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

この記事もオススメ


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5