Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)テクノロジーでビジネスを加速するための実践Webメディア

テーマ別に探す

NEC、Red Hat OpenShift Container Platformのサポートを提供

2017/02/15 14:15

 NECは、レッドハットとオープンソースソフトウェア(以下、OSS)の分野で協業し、ユーザのコンテナアプリケーションを活用したDevOps実現に向けて支援を強化すると発表した。NECは、オンプレミスのシステム上に構築された、レッドハットのRed Hat OpenShift Container Platformについて、サポートの提供が可能になった。

 Red Hat OpenShift Container Platformは、DevOpsに対応したコンテナアプリケーションの継続的な開発からデプロイメントについて、自動化が可能なコンテナプラットフォームになる。今回、NECは、Red Hat Enterprise LinuxやRed Hat JBoss Middlewareと合わせて、Red Hat OpenShift Container Platformを活用したオンプレミスシステムのワンストップサポートが可能となり、ユーザのシステム構築・運用の効率化に資するとしている。

 従来国内では、オンプレミスのシステム上に構築された、レッドハットのRed Hat OpenShift Container Platformのサポートは、レッドハットからのみ提供されていた。今回、新たにNECからもサポート提供が可能になり、システム構築時のQ&Aやトラブル時における問い合わせに対して、NECの技術者が日本語で対応し、ユーザのコンテナアプリケーションの開発・運用についてDevOps実現を支援するという。

 なお、オンプレミスのシステム上のRed Hat OpenShift Container Platformについて、レッドハット以外からのサポートの提供は、国内で初めてとなる。

 またNECは、Red Hat JBoss MiddlewareなどのOSSミドルウェアについて、10年以上の豊富なサポート実績を有しており、OSSミドルウェアやコンテナプラットフォームについて、今回のRed Hat OpenShift Container Platformと組み合わせた一元的なサポートを行うという。

関連リンク

著者プロフィール

この記事もオススメ


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5