Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

SYSCOM USA、日本企業向けDynamics 365基盤のERPデータ収集・参照ソリューション

2017/03/22 14:00

 SYSCOM USAは、昨年に開設した日本拠点である東京支店において、海外支店を多く持つ日本企業向けに、さまざまな種類のERPパッケージからデータを抽出して、本社で一元的にデータを参照できるソリューション「SYSCOM USA KRI Viewer」を4月1日から提供すると発表した。

 対象とするデータは、事業に悪影響をもたらす可能性のあるKRI(Key Risk Indicator)に基づくものが主となる。似たような値にKPI(Key Performance Indicator)やKGI(Key Goal Indicator)があるが、これらは事業目標に対する指標として、従来からBI(Business Intelligence)ツール等を中心に用いられている。

 一方、「KRI Viewer」ではリスクとなるデータを参照するため、海外のERPシステムに異常な値が生じた際、本社ではこれを「予兆」として捉え、早い段階からコーポレートガバナンスに則った対策を取ることができるという。

 従来は、各国の支店で業務上の問題が発生した場合に、対象や原因の早期発見が難しかったことや、事後に必要なレポートを依頼し、数日間後に加工されたデータがメールで添付されていたようなものが、「KRI Viewer」の導入により、現地のデータを自動取得できるようになるため、大幅なグローバルガバナンスの改善と業務フローの短縮が期待できるとしている。

 このソリューションの仕組みには、Microsoft Dynamics 365のビジネスアプリケーションプラットフォームを用いている。従来のDynamics CRMやDynamics AXなどの特徴は維持したまま、企業の要件に合わせた機能から利用を開始し、クラウドプラットフォームならではの柔軟な拡張が図れることに加え、バックアップやディザスタリカバリーといった情報システムの専門的な対応や運用についてもサービスに含めれていることが、Dynamics 365を基盤に採用した理由だという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5