Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

レノボ、最新のXeon搭載エントリーサーバー、ラック型とタワー型の2機種を発表

2017/04/18 14:30

 レノボ・ジャパンは、高い管理機能や信頼性、拡張性を、コンパクトな1Uサイズで実現したラック型サーバー「Lenovo System x3250 M6」と、中小規模ビジネスやリモートオフィス、店舗サーバーに適した、タワー型サーバー「Lenovo ThinkServer TS150」を、4月18日から販売開始すると発表した。

 両製品は、ともにインテルXeonプロセッサーE3-1200 v6製品ファミリーをはじめとした最新のインテル・プロセッサーと、DDR4 2400MHzメモリーを搭載し、パフォーマンスと機能性を向上した。さらに、内蔵ストレージで最大40TBまで格納できることで、増え続ける企業内データへの対応に加え、柔軟な拡張性と運用性を実現、リーズナブルな価格でパワフルなシステムを提供するとしている。

 ・「Lenovo System x3250 M6」

 1Uサイズのラック型サーバー。最大8個の大容量内蔵ストレージを搭載し、高い拡張性を実現、ビジネスの成長に合わせてサーバーを買い替えることなくリソースを拡張したいユーザーに最適。また、ホットスワップ冗長電源や冗長ドライブの採用により、システムの可用性を高めることができる。

 さらに鍵付きベゼルオプションを用意するなど、データセンター内での利用にとどまらず、店舗などでの利用も想定した設計を取り入れている。システム管理機能「IMM2」を標準装備し、ユーザーのサーバー運用管理の負担を削減する。

 ・「Lenovo ThinkServer TS150」

 1ソケット・タワー型サーバー。高い拡張性に加え、高度な静音設計によりクラストップレベルの静音性で、デスクサイドに設置しても気にならないサイズ、稼働音のため、コンパクトなエリアへの設置が可能。さらに、統合ソフトウェアRAID、またはハードウエアRAIDにも対応し、起業時などの小規模なオフィスにも最適なモデルになる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5