Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

キヤノンITSとサイバネットシステム、産業用オートメーションとビッグデータ可視化ツールを連携

2017/04/19 16:00

 キヤノンITソリューションズは、 サイバネットシステムとビッグデータ可視化ツールの販売代理店契約を締結、キヤノンITSが提供する産業オートメーション向けトータルソリューション「Wonderware」で収集、蓄積した産業用ビッグデータを活用するツールとして、サイバネットシステムのビッグデータ可視化ツール「BIGDAT@Viewer」の提供を4月下旬から開始する。

 製造業においては昨今注目されるIoTとして、生産設備を制御するPLC(プログラマブルロジックコントローラ)や設備状態を把握するためのセンサーなど、生産現場のさまざまなデバイスからデータを収集、活用し、新たな価値の創出を目指すニーズが高まっているという。

 キヤノンITSは 産業オートメーション向けトータルソリューション「Wonderware」にビッグデータ可視化ツール「BIGDAT@Viewer」を連携させ、これにより、統計解析や多変量解析の高度な専門知識がなくても、簡単な操作でビッグデータを可視化することができるようになるという。また、生産ラインにおける問題の早期原因究明の手助けや、集積したデータから効率化手法を導き出し、生産性の向上を支援するソリューションを提供することも可能だとしている。

■ビッグデータ可視化ツール「BIGDAT@Viewer」と「Wonderware」の活用例

 (1)「Historian Server」(産業用高速時系列データベース)に蓄積された操業現場で発生するビッグデータを対象に「BIGDAT@Viewer 」で分析を行い、データの相互関連性をマップ化。

 (2) そこで得られた相互に関連性の高いデータ項目、ある事象により強く関連するデータ項目を対象にして「Wonderware Intelligence」(産業用BIツール)などでさらに詳細な分析や可視化。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5