Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

富士通と日本オラクル、国内データセンターからオラクルのパブリッククラウドサービスを提供開始

2017/04/20 15:00

 富士通と日本オラクルは、国内で初めて富士通のデータセンターにオラクルのパブリッククラウドサービス「Oracle Cloud」環境を設置し、「Oracle Database Cloud Service」を含む「Oracle Cloud Platform」サービス群を販売開始した。

 「Oracle Cloud Platform」各種サービスの販売およびサービスを3月27日から開始したことに続き、富士通のクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5(K5)」のデータベースラインナップに「Oracle Database Cloud Service」と連携した「FUJITSU Cloud Service K5 DB powered by Oracle Cloud[K5 DB(Oracle)]」を加え、4月20日から販売開始した。

 富士通は、オラクルが認定する「Oracle Cloud」の技術者を国内で最も多く有しており、オラクルのパブリッククラウドサービスの導入や運用を支援するサービスポートフォリオも体系化して提供済だ。これらにより、企業の基幹業務を中心としたエンタープライズ・システムのクラウドへの移行ニーズに応えていくとしている。

 今回、販売が開始されたサービスは次のとおり。

 「FUJITSU Cloud Service K5 DB powered by Oracle Cloud」(4月20日販売開始)

 「K5」のサービスとして、「Oracle Database Cloud Service」と「Oracle Database Backup Service」以下の2サービスを含むデータベースサービスを富士通の独自機能と共に提供

 「Oracle Cloud」(PaaS・IaaS)として提供するサービス(3月27日提供開始)

  • Oracle Database Cloud Service:「Oracle Database」をクラウドで提供
  • Oracle Database Backup Service:「Oracle Database」のバックアップ向けストレージおよびツールを提供
  • Oracle Java Cloud Service:「Oracle WebLogic Server」をクラウドで提供
  • Oracle Application Container Cloud Service:「Java SE」およびNodeランタイム専用のアプリケーションコンテナをクラウドで提供
  • Oracle SOA Suite Cloud Service:「SOA Suite」「B2B」「Service Bus 12c」等のSOA機能を提供
  • Oracle Storage Cloud Service:オブジェクト・ストレージを提供
  • Oracle Compute Cloud Service:仮想コンピュート環境を提供

 ■富士通とオラクルが提供する「Oracle Cloud Platform」

 「Oracle Cloud」は、SaaS、PaaS、IaaSを含む広範なパブリッククラウドサービス群を最大限に統合して提供している。「Oracle Cloud Platform」は、アナリティクス、アプリケーション開発、データマネジメント、インテグレーションなどを提供する。

 今回、「Oracle Real Application Clusters」のようなエンタープライズ運用に不可欠な高可用性・拡張性機能を備えた「Oracle Database Cloud Service」などのオラクルのパブリッククラウドサービスを、富士通の国内データセンターから提供することにより、基幹業務システムのクラウドでの利用を、安心かつ優れたパフォーマンスで実現できるという。

 富士通は、多くの顧客の業務システムにおいて広く利用されている「Oracle Database」をはじめとしたオラクルの製品・サービスをパブリッククラウド環境でも提供できるため、プライベートクラウドでの利用も含めて、さまざまなクラウドニーズに対して幅広く応えるという。

 ■「FUJITSU Cloud Service K5 DB powered by Oracle Cloud」

 このサービスは、「Oracle Database Cloud Service」をベースに、富士通のシステムインテグレーションのノウハウを組み込み、富士通ならではのデータベースサービスとして提供するもの。例えば、データベースを導入、構築する際に必要となるセキュリティ設定や暗号化、運用監視なども、データベース作成時に自動的に設定する。

 これにより、ユーザーはクラウド固有の技術を新たに修得することなく、すぐに「Oracle Database Cloud Service」を利用できる。さらに、富士通のワンストップサポートによりサービス利用することができる。

 SoR(Systems of Record)とSoE(Systems of Engagement)に対応した富士通のクラウドサービス「K5」とオラクルのクラウドサービスを連携させ、「K5」の新たなデータベースラインナップとして「K5 DB(Oracle)」を提供することで、既存ICT資産のクラウド化を促進し、SoRへの対応強化を図るとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5