Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2017年の国内IT市場、支出規模は14兆9,891億円で前年比成長率2.0%と予測――IDC発表

2017/06/02 14:30

 IDC Japanは、国内IT市場における産業分野別および企業規模別の2017年~2021年の市場規模予測を発表した。

2017年はスマートフォン分野で需要拡大が見込まれる

 2017年の国内IT市場規模は14兆9,891億円で、前年比成長率2.0%を予測している。国内経済は一部地域で回復が遅れているため、システム刷新、新規開発を抑制する企業は依然として多いとみている。ただし、このような状況においても、スマートフォン分野で需要拡大が見込まれることから、2017年のIT支出全体はプラス成長を予測している。

 今後、2020年の東京オリンピック/パラリンピック開催を控えて、多くの企業で投資の活性化が見込まれる。また、2020年1月のWindows 7のサポート終了に伴うPCの更新需要に加えて、同じく2019年10月に延期された「消費税増税」対応を目的に関連システム刷新、改修が見込まれることから、2019年までは高い成長率を予測している。しかし、2020年以降は、前年までの積極的なIT支出の反動によって、国内IT市場全体で1%未満の低い成長率に留まるとみている。

2017年はほとんどの産業分野でプラス成長を予測

 産業分野別に見ると、2017年は、通信分野以外の各産業分野においてプラス成長を見込んでいる。特に大都市圏を中心にオムニチャネル戦略への投資に加えて、人材不足の解消のための業務効率化を目的とした投資も拡大する小売業、日本郵政の大型IT投資や訪日外国人の増加への対応が進む運輸/運輸サービス、専門的サービス、個人向けサービスにおいて、2%台の成長率を予測している。

 また、電力およびガスの小売自由化に伴うシステム刷新や新規導入が見込める公共/公益などにおいても堅調に拡大を見込み、これらの産業分野はいずれも予測期間中プラス成長を予測している。その一方で、大型案件が終息に向かっている銀行など金融業、不透明な海外経済状況の影響を受ける製造業では、IT支出はプラス成長を維持するものの、比較的低い成長率に留まるとみている。

 国内IT市場は、2017年以降プラス成長で推移するとみているが、2020年以降は、低い成長率に留まると予測している。したがって、ITサプライヤーは、中長期的に国内IT市場を堅調に拡大させるためには、ユーザー企業に対して、新しい分野でのIT支出を促進することが求められる。

 IDC Japan, ITスペンディンググループのリサーチマネージャーである市村仁氏は「ITサプライヤーは、ユーザー企業にIT活用の有効性の認識を促進させるために、人材不足を解決する業務効率化を図るソリューションなどメリットを実感しやすいソリューションを積極的に提案することが重要である」と述べている。

参考資料:国内IT市場 支出額予測、 2016年~2021年(作成:IDC Japan)  

 今回の発表は、IDCが発行したレポート「国内IT市場 産業分野別 企業規模別予測、2017年~2021年」にその詳細が報告されている。調査レポートから、国内の産業分野を21業種(旧18業種)、企業規模を5階層(旧4階層)に分類し、産業分野別および企業規模別の動向分析を行っている(なお、産業分野別のより詳細な分析は、「2017年 国内IT市場 産業分野別企業規模別 実績と動向分析」において提供される予定)。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5