Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

TED、実現したい設計を主軸にできるインテントベース・ネットワークシステムを提供開始

2017/07/12 14:45

 東京エレクトロン デバイス(TED)は、米アプストラ社と販売代理店契約を締結し、インテントベース・ネットワークシステムAOS(Apstra Operating System)の販売を7月12日から開始すると発表した。

 アプストラ社のAOS(Apstra Operating System)は、ベンダーに依存しないインテントベース・ネットワークシステムである。AOSは物理ネットワークデバイスを抽象化して、スイッチ製品に依存せずに、ユーザーが作りたいネットワークシステムをインテント(意図)に基づいて設計して、設定から運用までを自動で行うシステムになる。従来の「選定したスイッチ製品の機能に合わせた設計」ではなく、「実現したいネットワークデザインを主軸にした設計」が可能だという。

 AOSでは、GUI上で、スイッチタイプ、ポート数、帯域を作成して結線することでネットワーク設計を行い、利用するスイッチ製品ごとにコンフィグレーション情報を生成して展開するまでを一元管理することができる。

 これにより、スイッチ製品の技術習得や物理機器への設定作業が不要になり、設計にかかる時間や運用コストが削減でき、IP-CLOSなどの新しいネットワークデザインを容易に導入、運用することが可能になる。

 また、スイッチからAOSに直接データが送られるため、各スイッチの状態を細かくモニタリングでき、障害発生時の発生ポイントの早期特定だけでなく、連続的な検証、スイッチやネットワークトラフィック状態のテレメトリーも可能だ。

 AOSの機能・特徴は次のとおり。

  • インテントベースネットワーキングシステム
  • ネットワークサービスのオートメーション
  • スケールアウト可能な分散システム
  • さまざまなOSとのインテグレーション
  • テレメトリー機能

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5