Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

CTCS、コムスクエアのソフトウェアロボットを活用したシステム運用サービスを開始

2017/07/14 14:15

 CTCシステムマネジメント(CTCS)は、コムスクエアのロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)ツールを活用したシステム運用サービスの提供を開始すると発表した。

 現在、多くの企業が業務の効率化や生産性の向上などの働き方改革に取り組んでいる。ITシステムの運用では、仮想化技術の導入やセキュリティ対応などによるシステムの多様化に伴い業務が複雑化している中、ソフトウェアロボットによる作業の自動化(RPA)が注目されている。

 CTCSは、システムの監視ソフトウェアやコールセンターソリューションなどを提供するコムスクエアのRPAツール「パトロールロボコン」を利用し、人手を介さない自動化された運用サービスを提供する。

 「パトロールロボコン」は、人が作業端末上で行う画面内の捜索・判断・操作の自動化や柔軟な条件分岐を実現しており、特にシステム運用の自動化に適したRPAツールになる。例えば、日々システムから送られてくる大量のアラート通知に対して、設定された条件分岐に基づく分類、管理台帳の記入、状況に応じた運用担当者へメール送付などの作業を自動で高速かつ正確に実行することができるという。

 CTCSは、この自動化ツールを用いてサービス品質の向上と迅速化を図り、企業システムの更なる安定運用を目指していくという。また、今後は、AI(人工知能)技術を活用したシステム障害の予兆検知や高度な判断機能を用いて、システム運用でのサービスメニューを拡充していくとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5