Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)テクノロジーでビジネスを加速するための実践Webメディア

テーマ別に探す

Alibaba CloudはPostgreSQLをこう使う!―PGConf.ASIA 2016

2017/01/11 06:00

 引き続き、12月2日、東京都内で開催されたPGConf.Asia 2016についてお届けしている。PGConf.Asia 2016はPostgreSQLの20周年を記念したイベントであることに加え、アジアで持ち回り開催する国際カンファレンスを目指すことも当初のコンセプトにあった。そのため基調講演の後半は中国からアリババグループのScott Siu氏が登壇した。

「Alibaba Cloud」におけるPostgreSQL導入について

 中国のアリババグループは1999年に設立し、企業間取引サイト、決済サービス、オンラインモールなどを提供しているIT企業グループだ。2009年からはパブリッククラウドコンピューティングサービス「Alibaba Cloud」を提供している。

 今回は「Alibaba Cloud」におけるPostgreSQL導入についての背景をSiu氏が解説した。ここ数年で「Alibaba Cloud」が提供しているサービスは急増している。サービス提供先(AZ)は中国だけではなくインド、イギリス、アメリカがあり、2016年11月からはついに日本ほか、ドバイ、ドイツ、オーストラリアにも広げたところ。

 まずは中国におけるPostgreSQLの普及度から。中国でリレーショナルデータベースといえば、知名度や実績においてOracleとMySQLの二強状態となっている。Siu氏はエンジニア転職サイトを示し、人気のデータベースを見るとOracle DatabaseとMySQLがトップに並んでいる。次にMicrosoft SQL Server、ここから大きく引き離されてPostgreSQLとMongoDBが並ぶという状況だ。

 現在人気の二強がOracle DatabaseとMySQLということではあるが、Siu氏によると「10年ほど前からMySQLが(ライセンスコストを理由に)急速に伸びた」という。ただしOracle DatabaseからMySQLへ移行するとなると「外部キーがそのまま使えないなどの制約もある」とSiu氏は指摘する。

アリババグループのScott Siu氏
アリババグループのScott Siu氏

 「Alibaba Cloud」は企業の顧客を抱えるため、サイトで提供するデータベースとしての要件を考えると、Siu氏は「(ライセンスコストを抑えつつ)パワフルなデータベースが必要です」と言う。既存システムからの移行を考えれば複雑なクエリーが利用できること、今後IoTの普及が見込まれることを考えるとJSONとGISが使えることも重要となる。

 そうした要件を考えるとPostgreSQLがおのずと選択肢に上がってくる。PostgreSQLならJSON形式に早くから対応しており、地理空間情報の拡張となるPostGISが使えるためだ。さらにSiu氏は「PostgreSQLのFDW(Foreign Data Wrapper)があれば様々なデータソースにつなげることができます」と述べ、「Alibaba Cloud」でPostgreSQLが必要とされる理由とした。

 「Alibaba Cloud」はいわばAWSやMicrosoft Azureのようなパブリッククラウドサービスだ。Siu氏は「PostgreSQLに関するサービスは単なるPostgreSQLエンジンだけではなく、バックアップや高可用性も含めたトータルソリューション(マネージドサービス)も提供しています」と言う。後者だとサイトにデータベースを作成すると自動的にインスタンス2つ作成し、AZをまたいでレプリケーションして高可用性を維持したり、バックアップを確保するなどしている。

 続けてSiu氏は「インフラのメンテナンスはアリババが行い、データベース担当者はSQLに専念できるようにしています」と述べる。ブラウザからGUIでパフォーマンスの監視ができる保守画面では遅いSQLを特定したり、チューニングのためのアドバイスも提供しているという。PostgreSQLはまだ近年着手したばかりとはいうものの、サービスが充実していることがうかがえる。またツールの一部はGitHubで公開するなどオープンソースへの貢献活動もしている。

 興味深いデータベースサービスとなるのが「Alibaba Cloud HybridDB」。Greenplum Databaseをベースにした並列型データウェアハウスで、GreenplumだけではなくOracle Database、Microsoft SQL Server、MySQL、MongoDBなどからのデータをETL経由で読み込むことができる。主に企業システムから「Alibaba Cloud」への移行を想定しており、特に力を入れているのがOracleユーザーの取り込みだ。中国ではOracle DatabaseとMySQLのシェアが高いため必然的と言えそうだ。

 最後にSiu氏は中国のPostgreSQL最新事情について報告した。近年になり、急速に中国でPostgreSQLの注目度が高まっているところだという。2016年には「Postgres Conference China 2016」を開催できたこともあり、PostgreSQLについて言及しているブログは増え、PostgreSQL関連のイベントやトレーニングコースも増えてきているという。頼もしい仲間となりそうだ。


著者プロフィール

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

この記事もオススメ

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5