Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)テクノロジーでビジネスを加速するための実践Webメディア

テーマ別に探す

クラウドを使いこなす企業は何が違うのか? 社内の“3つの衝突”を防ぐ方法

2017/02/17 06:00

 「今度のシステムはクラウドで作ろうと考えています。でも、うちの会社はクラウド導入のハードルが高いんですよねー。」……使いたいのか、使いたくないのか、クラウドとの向き合い方が曖昧な企業は今でも多いです。こうなる理由は、社内の担当者間で様々な衝突があるからです。一方で、クラウドを使いこなす企業はクラウドとの向き合い方が鮮明です。この両者で何が違うのでしょうか? IaaS/PaaS、SaaS、プライベートクラウドの3つに分けて考えます。

クラウド導入の残念なケース

 クラウドが登場してから、情報システムの導入に要する期間は総じて短くなったと感じています。オンプレミスであればサーバーを調達するまでに多くの時間がかかり、そのサーバー調達前のサイジングにも綿密な検討が必要でした。それがクラウドであれば直ぐに使い始めることができて、しかも後からのスケールアップも簡単にできるようになりました。今となっては目新しさを感じなくなったクラウドですが、登場した頃にはその画期性に感動がありました。

 しかし、導入期間が短縮されたクラウドではありますが、むしろ事前の調整に長い期間を要してしまうことがあります。こうなると、導入期間が短いというせっかくのクラウドのメリットは半減します。長引く調整期間は、付加価値の低いコストでしかありません。

図 1:クラウドのメリットが半減するケース・・・結局トータルの期間は同じくらい?

 クラウド導入の前に長い調整期間を要する企業では、概して社内の担当者間において衝突が発生しています。例えば、ユーザ部門と情シス部との衝突であったり、情シス部内においてもアプリ担当者とインフラ担当者との衝突であったりと、様々です。こうした衝突が、クラウドに関わる社内の調整を長引かせています。

 これらの担当者間の衝突のあり方は、対象となるクラウドの形態によっても異なります。本稿では、IaaS/PaaS、SaaS、プライベートクラウドの3つにブレイクダウンして、どのような衝突が発生しうるのか?それを回避するためにクラウドとどう向き合うのが良いのか?を見ていきます。

図 2:クラウドの形態により、衝突のパターンも異なる

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 安田 航(ヤスダ ワタル)

    NTTソフトウェア株式会社 EAストラテジスト NTTソフトウェア入社以来、エンジニア、ITコンサルタントとして活動。EA(エンタープライズ・アーキテクチャ)手法を駆使したIT戦略/グランドデザインの策定と推進に多数の実績を持つ。日本企業の縦割り的な情報システムの考え方に問題意識を持ち、その解...

バックナンバー

連載: IoT時代のエンタープライズ・アーキテクチャ入門<実践編>

この記事もオススメ

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5