Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)テクノロジーでビジネスを加速するための実践Webメディア

テーマ別に探す

「RDBMS」記事一覧

RDBMS

559件中61~80件を表示
  • 2015/09/15

    SQL Server 2016の概要とIn-Memory OLTP の改善点(後編)

     日本マイクロソフト プレミアフィールドエンジニアリング部の平山です。前回の記事では、現行バージョン(SQL Server 2014)での In-Memory OLTP の特徴を再確認し、リリースからおよそ1年が経過した現在の状況を紹介しました。後編となる今回は、現行バージョンの持つ課題がSQL Server 2016 ではどのように改善されるかを解説します。

  • 2015/09/04

    PostgreSQL移行の90%を占めるテスト工程を攻略!移行ワーキンググループの活動成果

     エンタープライズ領域でのPostgreSQLの普及促進を目指して設立されたPostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム(略称:PGECons)。本連載では、3年目となった2014年度の活動を通じて新たに提示された性能、移行、設計運用に関する数百ページにわたるドキュメントを項目ごとに分かりやすく要約していきます。最終回となる今回は移行時のテスト工程に焦点を当てご紹介します。

  • 2015/08/31

    データの賞味期限の調整乞う

     暑い日が続きますね。こんなときは、気分だけでも涼しくなるような話が聞きたいものです。たとえば、冷蔵庫から何か変な臭いがするので、思い切って中に入っている食料品を全部整理してみたら、一番奥から賞味期限が3年前に切れてドロドロになったサムシングを発見……ひえー、さぶっ!!でもね。賞味期限が大事なのは、何も食料品だけじゃないんです。実は、データベースに保管するデータにだって、賞味期限があるんです。ひょっとしたら、皆さんが管理するデータベースの奥にも、賞味期限がとっくに切れて、フワッフワのカビもしくは...

  • 2015/08/24

    SQL Server 2016の概要とIn-Memory OLTP の改善点(前編)

    日本マイクロソフト プレミアフィールドエンジニアリング部の平山です。これから2週間に1度のくらいの頻度を目標として日本マイクロソフトでデータプラットフォーム技術を担当するエンジニアが、SQL Server 2016 で実装される新機能について、およそ1年間にわたり紹介していく予定です。長丁場になりますが、ごゆるりと気長におつき合いいただけるとうれしく思います。

  • 2015/08/21

    PostgreSQLで災害対策とセキュリティの2大テーマに挑む!運用設計ワーキンググループの活動成果

     エンタープライズ領域でのPostgreSQLの普及促進を目指して設立されたPostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム(略称:PGECons)。本連載では、3年目となった2014年度の活動を通じて新たに提示された性能、移行、設計運用に関する数百ページにわたるドキュメントを項目ごとに分かりやすく要約していきます。2回目となる今回は災害対策、セキュリティに焦点を当てご紹介します。

  • 2015/08/18

    SAPもサイボウズもオンプレミスからクラウドへのシフトが明らかに

    ソフトウェアのライセンスを販売していたベンダーによる、クラウドベースのサブスクリプション型ビジネスモデルへの転換が本格化している。以前よく言われていたのが、ソフトウェアライセンスを販売していたベンダーは、クラウド型ビジネスモデルに変わるのは難しいと言うこと。差し当たっての案件規模が小さくなり、売上げが縮小しかねないからだ。エンタープライズ領域においてライセンスの販売ビジネスで成功していれば、1案件の規模は数千万円、数億円なんてこともあるだろう。なので、大手の顧客企業に製品導入が決まれば、導入時に...

  • 2015/08/07

    話題の仮想環境でも性能測定!性能ワーキンググループの活動成果

     エンタープライズ領域でのPostgreSQLの普及促進を目指して設立されたPostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム(略称:PGECons)。本連載では、3年目となった2014年度の活動を通じて新たに提示された性能、移行、設計運用に関する数百ページにわたるドキュメントを項目ごとに読みやすく要約してご紹介していきます。

  • 2015/08/06

    【至急】データベースを再編成していただきたく

     突然ですが、何事においても、日頃からの備えや用心は大事ですよね。「転ばぬ先の杖」「備えあれば憂いなし」「性能劣化の前にデータベース再編成」などと昔から言われていますしね。筆者は聞いたことないですけどね。ただなんでも、ミッションクリティカル界隈では先祖代々受け継がれている言い伝えらしくて……。「ねえねえママ、なんでデータベース再編成しなきゃいけないの?」「それはね、我が家では先祖代々、おじいちゃんのおじいちゃんの、そのまたおじいちゃんの代から、『再編成を決して欠かしてはならぬ!』と言い伝えられて...

  • 2015/07/30

    Oracle CloudならSoEはもちろんSoRもカバーする

     クラウドではIaaSが定着した。新規にサーバーを用意するなら、オンプレミスと同時にそれがIaaSで賄えないかを考えるのは当たり前だ。日常的にさまざまなアプリケーションを開発しているSIやソフトハウスなどの企業でも、自社内開発用サーバーをすべて撤去し全面的にIaaSに移行したなんて話も耳にする。

  • 2015/07/24

    インメモリはサーバがダウンしたら終わり・・・じゃない

     インメモリのデータベースはサーバが落ちたら終わり。そんなふうに考えていた時期が私にもありました。でもOracle Database In-Memoryにはそうならないための構成が用意されているのです。検証シリーズ最終回となる今回は、実際に障害を発生させてその動きを追っていきます。

  • 2015/07/16

    OracleのクラウドはSaaSでひたひたと攻めてくる

     先週はOracleからクラウド関連の2つの発表があった。1つ目が電力やガスなど公益事業に対する取り組み。これまでデータベースやOracle Exadataの顔として知られていた日本オラクル 副社長執行役員の三澤智光氏は、新たにクラウド・テクノロジー事業を統括する立場に。この公益事業向けの取り組みにもクラウドが重要となっているので、三澤氏がまずは電力やガス業界の市場状況を解説した。

  • 2015/06/08

    次のSQL標準は何が盛り込まれる? -第2回DBオフライン

     3月13日にDB Online Dayが開催されました。イベント終了後、同会場は「DBオフライン」へと突入。前回に引き続き、DB Onlineチーフキュレーター谷川耕一氏が日立製作所のDr.SQLであり日本データベース学会 副会長 土田正士氏にSQL標準制定に関わる深い話を聞きました。

  • 2015/06/04

    オンプレミスにパブリックに―Oracle Enterprise Managerのクラウド管理術

     仮想化、クラウドの普及で企業のIT環境には、どういう問題が起こっているのか?Oracleでプロダクト マネジメント バイスプレジデントを務めるSudip Datta氏に話を訊いた。

  • 2015/05/21

    【至急】チェックポイントの件

     ミッションクリティカルなデータベースをあずかる者であれば、チェックポイントはしっかりおさえておかないとね。そうそう、チェックポイント。やっぱり大事だよねえ……え、どの辺が大事かって? そりゃあなた、チェックのポイントといえばあれですよ、チェックするポイントのタイミングが、やっぱり命運を分けるというじゃありませんか。

  • 2015/05/19

    Cassandraのコミッターとしてオースティンで暮らす~DataStax 森下雄貴さん

     今回のDBプロは森下雄貴さん。Apache Cassandraを企業向けに提供しているDataStaxに所属しつつ、Apache Cassandraのコミッターも務めている。現在は米国テキサス州オースティンに在住している。

  • 2015/05/01

    Twitter株価大暴落のワケ/AWS初の決算報告 ― 独断と偏見のITニュース2015.04

     ゴールデンウィーク突入でなんとなくリアルもネットも浮かれ気分が漂っていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。ずいぶんとご無沙汰していた本コーナーですが、この4月にいろいろあったITニュースをワタクシの完全な独断と偏見で3つほど取り上げてみたいとおもいます。独断と偏見とあるとおり、基本的に筆者のTwitter上で取り上げた話題をベースにしているので、世間的には大々的に報道されたApple Watch発売やMicrosoftのイベントなどはいっさいスルーしておりますが…ご了承ください。

  • 2015/04/28

    検証で分かったOracle Database In-Memoryに関する10の真実 (後編)

     前回に引き続き、実際に検証して分かったOracle Database In-Memoryの真実をご紹介します。後編となる今回は、検索の性能だけでなく更新系の性能や圧縮率なども取り上げます。

  • 2015/04/24

    「人をダメにするソファ」の購買層は?―良品計画はPower BIをこう使う

     ビッグデータの活用基盤として、日本マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」と「Microsoft Power BI」を採用、4月1日よりデジタルマーケティング プラットフォームの強化に取り組んでいるという良品計画さん。その導入効果はいかに?―良品計画さんによる事例報告をお届けします。

  • 2015/04/24

    IoTは業務現場の何を変えるのか

     IoTによりインターネット上に流れ込む膨大な情報を自社のサービスに活用することで、ビジネス・社会におけるイノベーションの創出が期待されている。本稿では、富士通によるセッション、「IoTは業務現場の何を変えるのか」のもようをお届けする。IoTを活用して業務の現場のサービスはどう変わるのか、データ活用方法のポイントとIoTを活用するためのデータ基盤についてきめ細かい解説が行われた。

  • 2015/04/14

    30万のユーザ部門を抱える日立、情シスの「理想と現実」

     ユーザ部門の業務課題を、いかにしてITが解決するか。情報システム部門の役割は、業務効率の追求からビジネス貢献のIT基盤提供へと変化し、ユーザー部門からの期待も高まっている。これは言い換えれば、ユーザーの求める理想と提供できるシステムにギャップが生まれやすくなっているということでもある。本セッションでは、DBオンライン チーフキュレーター谷川氏によるモデレートのもと、全世界に約30万人のユーザを抱える日立の情シス部門と、その業務部門双方でマネジメント経験を持つキーマンが登壇し、IT基盤を自製する...

559件中61~80件を表示
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5