Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)テクノロジーでビジネスを加速するための実践Webメディア

テーマ別に探す

プライベートクラウドやIoTでは、サーバーの7年保守サポートがデファクトになる?

2016/09/06 11:00

 今や企業においてもクラウド利用が拡大し、多少の制限があってもクラウド環境でカジュアルにシステムを使うニーズが増えている。一方で、セキュアで運用ルールをより厳密に適用したいシステムにおいては、プライベートクラウドなどでしっかり運用したいというニーズも多く存在する。後者のシステムでは、次々にシステムを入れ替えるのではなく、より堅牢で安定したものを長期間利用することが望まれるだろう。また、社会インフラに組み込まれるIoTのようなシステムでは、長期間利用が必要になるかもしれない。多くのハードウェアベンダーのサポート期間は5年間が標準のなか、デルではサーバーで最大7年のサポート期間を標準メニューから選択できる。今後、企業に求められるサポートのあり方とはどんなものか。デルの澤井修二氏に、サポートの重要性や課題、デルのサポートに対するこだわりについて話を聞いた。

プライベートクラウド環境で、標準の長期サポートは大きな安心材料

 クラウド/IoT時代になり、パブリッククラウドで動かすシステムは、すぐ利用を止めることが可能になった。一方で、プライベートクラウドやIoTで動かすシステムは長期間じっくり使うようになってきている。

デル株式会社 グローバルサポート&デプロイメント プロダクトグループ リージョナルプロダクトマネージメント プロダクトコンサルタントの澤井修二氏

デル株式会社 グローバルサポート&デプロイメント
プロダクトグループ リージョナルプロダクトマネージメント
プロダクトコンサルタントの澤井 修二氏

 多くのハードウェアベンダーのサポート期間は5年間が標準。それよりも長く利用する場合は、特別対応でサポート期間を延長することになる。これには高額な費用がかかることがほとんどだ。

 「デルの場合は7年というサポート期間を、購入時に標準メニューから選択できる」とデルでプロダクトコンサルタントを務める澤井修二氏は述べる。

 今や企業においてもクラウド利用が拡大し、多少の制限があってもクラウド環境でカジュアルにシステムを使うニーズが増えている。一方で、セキュアで運用ルールをより厳密に適用したいシステムにおいては、プライベートクラウドなどでしっかり運用したいというニーズも多く存在する。後者のシステムは次々に入れ替えるのではなく、より堅牢で安定したものを長期間利用することになる。この場合に、標準で長期サポートが用意されていることは大きな安心材料となる。

 ITベンダーのサポートサービスに良い印象を持っている人は少ない。もちろん、サポートサービスの利用が、障害や故障といった「ネガティブな事象」をきっかけにしているからという理由もあるだろう。

 そもそもITベンダーにとって、サポートサービスは手間やコストがかかる“割に合わない”ビジネスという印象もあった。手厚いサポートで製品を長く使い続けてもらうよりも、早いペースで買い換えを促したほうが大きな売り上げにつながった。かつては、1年間の無償サポートの期間をあえて2年、3年と伸ばし、サポート期間終了とともに買い換えを促す営業アプローチもあったようだ。

 しかし、今はそんな時代ではない。顧客とのエンゲージメントに注目が集まり、顧客とのより良い関係性が重視される。また、クラウド/IoTの時代になり、自社資産のシステムはじっくり長い間使うことが求められつつある。

 デルのサービスは保守サポートのみではない。製品導入前のコンサルタントから始まり、販売し導入する際の技術支援、さらにはリサイクルのサポートまでをエンド・ツー・エンドで提供している。製品ライフサイクル管理サービスの対象となるのは、サーバー製品はもちろん、ストレージやネットワーク機器、クライアントPCまでが含まれ、これらを一貫したサービスとして提供できるのも強みだと澤井氏は強調する。

デルが提供するエンドツーエンドソリューション


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター ブレインハーツ取締役。AI、エキスパートシステムが流行っていたころに開発エンジニアに、その後雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダの製品マーケティング、広告、広報などを経験。現在は、オープンシステム開発を主なターゲットにし...

  • DB Online編集部(ディービーオンライン ヘンシュウブ)

    DB Online編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供するデータベース/データテクノロジー専門メディア「DB Online」編集部です。皆様からの情報お待ちしています。 Twitter : https://twitter.com/db_online Fac...

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

この記事もオススメ

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5