Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

デジタルラジオ放送でドライバーに的確な情報を――アマネク・テレマティクスデザインCEO 今井武氏

2016/12/07 07:00

 カーナビは目的地までの最適な経路を案内をするだけではなく、周囲の交通情報や気象情報を受信することができる。走行履歴を有効活用する取り組みも始まった。……というのが3年半前の話。振り返ればビッグデータ分析とIoTの初期の取り組みでもある。現状はデジタルラジオ放送を通じた情報配信へと発展している。

ホンダを退任し、アマネク・テレマティクスデザインのCEOに

 ホンダのテレマティクスについての記事を覚えておいでだろうか。自然災害発生時にカーナビの走行履歴から走行可能な道路を割り出したり、クルマの加速減速などのセンサーデータを集約して地域の安全に役立てたり、カーナビへ現在地に基づく交通情報や気象情報など有用なデータを配信するなどが可能になってきたという話だ。(参考記事:「“テレマティクス”でクルマと社会をつなぐ-ビッグデータを活用したホンダの挑戦」)  

 記事に登場した今井武氏は2015年にホンダを任期満了で退任し、アマネク・テレマティクスデザインの代表取締役CEOに就任。現在はデジタルラジオ放送「i-dio」のドライバー向けチャンネル「Amanekチャンネル」に取り組んでいる。

アマネク・テレマティクスデザイン 代表取締役CEO 今井 武氏

 本論に入る前に東日本大震災を少し振り返っておきたい。今井氏は「あの時、道は圏外でした」と言う。ホンダのカーナビ「インターナビ」では現在地周辺の気象情報を受信できるようになっていた。2011年の東日本大震災でも、インターナビのサーバーは地震情報や大津波警報を被災地のカーナビに向けて発信していた。ところが実際には届いていなかった。なぜなら情報受信にはキャリアの通信を使うため、震災直後は通信で輻輳が発生してカーナビが「圏外」で通信不能となっていたためだ。  

 震災直後にカーナビのデータ活用は飛躍的に進化した。当時カーナビの走行履歴は各社バラバラに保有されていたところ、通行可能な道路を把握するために各社が持つ走行履歴を統合し、Googleマップ上に表示できるような形式へと変換されるなどした。こうした仕組みは後に2014年の長野県を中心とした豪雪や2016年4月の熊本地震でも役立てられている。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


関連リンク

著者プロフィール

  • DB Online編集部(ディービーオンライン ヘンシュウブ)

    DB Online編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供するデータベース/データテクノロジー専門メディア「DB Online」編集部です。皆様からの情報お待ちしています。 Twitter : https://twitter.com/db_online Fac...

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    EnterpriseZine/Security Online キュレーター フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online&nbs...

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5