Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Google Cloudはセキュリティの高さにこだわりあり

2017/06/22 06:00

 パブリッククラウドの代表的なプレイヤーを3つ挙げれば、大抵はAmazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、そしてGoogle Cloudとなるだろう。とはいえAWSとAzureが突き抜けた2強、特に日本市場ではGoogle Cloudは少し出遅れている感がある。ところがここ最近、クラウド関連の取材で話を訊いているとGoogle Cloud Platform(GCP)の話題を耳にする機会が増えている。先進的にクラウドサービスを利用してきたユーザーほど、GCPを気にかけているようだ。そういった企業では、すでに利用しているクラウドサービスとの比較を行っている様子も覗える。そんなユーザーがGCPを評価するきっかけがフルマネージドのエンタープライズ向けアナリティクス・データウェアハウス「Google BigQuery」だ。

 先日都内で開催された「Google Cloud Next Tokyo」の基調講演で、Google Cloudの最高責任者でシニア・バイスプレジデント ダイアン・グリーン氏は「Google Cloudはリソースを共有してあらゆるところから利用できるよう常に改善しています。この改善は指数関数的に進められており、1つの革命のようなものです」と語る。改善は、日本向けのサービスのところでも力を入れている。2016年11月に日本にデータセンターを開設し、それと米国西海岸を高速な光回線で直接つなぎ動画ストリーミングなども快適に行えるネットワーク帯域の確保もされている。

Google Cloud 最高責任者 シニア・バイスプレジデント ダイアン・グリーン氏
Google Cloud 最高責任者 シニア・バイスプレジデント
ダイアン・グリーン氏

 もう1つGoogle Cloudで力を入れているのがセキュリティだ。FISC(金融情報システムセンター)の安全対策基準にも準拠し、日本の金融機関でも安心して使えるという。さらにGoogleでは、ハードウェア面からも独自にセキュリティを強化。Google Cloudで利用しているハードウェアには、独自に開発したセキュリティチップ「Titan」を搭載し、安全な認証の仕組みの導入されいる。またフィンランドには130名規模のセキュリティ・ガーディアンがいて、常に脅威の監視も行われている。このようにセキュリティに極めて注力していることが、Google Cloudの大きな特長だ。

 またグリーン氏によれば、テストや開発環境ではなく基幹系システムを動かす環境としてもGoogle Cloudが利用されるようになっているという。HSBC(香港上海銀行)は、Google Cloudを活用しクラウドファーストの企業になっており、まずは顧客向けのアプリケーションをGoogle Cloud化し、それで顧客とのエンゲージメントの強化を図っている。

 「何10億ものトランザクションから顧客の行動を識別しています。そしてGoogleのデータサイエンティストと一緒に、膨大なデータの山からリスク管理を行い迅速なレポートをするなど、さまざまなことを実現しています」(グリーン氏)

人がよりクリエイティブな仕事に集中できるようにするためにAIがある

 もう1つのGoogle Cloudの強みが、G Suiteだろう。Gmailやカレンダー、ドキュメント、Google Driveなど、普段のビジネスの中で必要なツールが揃っており、これらをすでに導入している企業は日本でも数多くある。このG Suiteをきっかけに、クラウドプラットフォームであるGCPへと利用を拡大する企業も出ているようだ。さらに、G Suiteを活用して「働き方改革」の取り組みも行われており、たとえばPwCではG Suiteを導入で1週間に9時間の業務時間節約を実現した。

 G Suiteで情報の共有を行うだけでなく、AI、機械学習などの技術を組み合わせることでさらなる業務の効率化ができるのもGoogleの強みだ。GoogleではAIが今流行しているからと言う理由でではなく、より人々が仕事をしやすくするために取り組んでいる。業務を進める中ではさまざまな意思決定が必要で、その際に効率的に判断をするためにAIを使う。

 たとえば、AIを使えばSPAMメールかどうかの判断を機械に任せられる。さらに今後は、Eメールの文章も機械が最適なものを推奨してくれる。メールのやりとりの文章を学習し、こう返信したらいいという文章を機械が提案してくれるのだ。すでにこれは実現されており、業務の中で返信が必要なメール8件のうち1件は機械が返信しているとか。現状これができるのは英語だけだが、Googleではそれ以外の言語でもこれが実現できるようにする予定だ。AIは人間の創造性を機械に置き換えるものではない。クリエイティブな作業に人がもっと集中できるようにするためのものだ。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター ブレインハーツ取締役。AI、エキスパートシステムが流行っていたころに開発エンジニアに、その後雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダの製品マーケティング、広告、広報などを経験。現在は、オープンシステム開発を主なターゲットにし...

バックナンバー

連載:週刊DBオンライン 谷川耕一

もっと読む

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5