Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

しばちょう先生登場!Oracle Databaseのプロになるきっかけとなったトラブルとは?―日本オラクル 柴田 長さん

2017/07/10 06:00

 今回はオラクルの技術ブログでおなじみ、しばちょう先生こと、柴田長(しばた・つかさ)さんの登場だ。しばちょう先生はいかにして誕生したのか?キャリアの軌跡をたどったところ、意外な経緯があった。

教師になれなかったので仕方がなくSEに

日本オラクル 柴田長さhん
日本オラクル 柴田長さん

 しばちょう先生のブログでおなじみの、日本オラクル クラウド・テクノロジー事業統括 Database & Exadataプロダクトマネジメント本部データベーステクノロジー部 部長の柴田 長さん。将来の夢は数学の教師だった柴田さんは、理学部数学科に進む。大学生時代のアルバイトも家庭教師で人に教えるのは楽しかった。無事教員免許も取得したが、卒業時までに残念ながら教員採用には至らなかった。

 仕方がなく選んだのがシステムエンジニア職だった。

 「教師になるまでの腰掛けのつもりで、正直前向きなものではありませんでした。じつは就職のために引っ越しをする前日、非常勤講師の話が来たんですが、さすがにこのタイミングでは、就職先の企業に断りを入れられなくて。講師の話がもっと早くに来ていれば、データベースエンジニアにはなっていなかったかもしれません」(柴田さん)

 就職先は社会インフラ系企業のIT子会社。ここでシステムエンジニアとしての生活が始まった。柴田さんのSEとしての最初の仕事は、Javaや.NETのプログラミング。プログラム経験がなかったので、会社に入ってからゼロから勉強をした。SEとして仕事を始めた後も、先生になりたい気持ちはあった。とはいえ、日々の業務の中では職を変えるタイミングを掴めなかった。

 就職して2年目、ORACLE MASTERの資格を取得したこともありOracle Databaseの管理を任される。当時はとくにOracle Databaseに興味があったわけではなかった。「パフォーマンスチューニングの必要性も感じていませんでした」と柴田さん。

 その後、新規の大規模システム構築のプロジェクトが社内で走り、そのシステムのOracle Databaseの管理も行っていた。そのシステムの稼働を迎えた日に、データベースサーバーがダウン。結果、システム稼働は延期になる。

 「良かれと思って行った1つの設定が、本番稼働では裏目に出ました。それが原因でデータベースが動かなくなったのです。自分に十分にスキルがあれば防げた問題でした。管理者として、かなり責任を感じました」(柴田さん)

 100人以上が関わるプロジェクトだった。動かなかったことでメンバーの辛い思いをひしひしと感じた。そしてこの時柴田さんは「もっともっとデータベースに詳しくなりたい。誰よりもデータベースを極めたい」と思ったのだ。そのためには日本オラクルに入りたいとも考えた。プロジェクトには日本オラクルの技術者も手伝いに来ていて、彼らがデータベースチューニングなどを軽やかにこなしていたからだ。このトラブルを契機に、柴田さんはOracle Databaseに大いに興味を持つようになったのだ。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター ブレインハーツ取締役。AI、エキスパートシステムが流行っていたころに開発エンジニアに、その後雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダの製品マーケティング、広告、広報などを経験。現在は、オープンシステム開発を主なターゲットにし...

  • DB Online編集部(ディービーオンライン ヘンシュウブ)

    DB Online編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供するデータベース/データテクノロジー専門メディア「DB Online」編集部です。皆様からの情報お待ちしています。 Twitter : https://twitter.com/db_online Fac...

バックナンバー

連載:DBプロに会いたい!

もっと読む

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5