Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)テクノロジーでビジネスを加速するための実践Webメディア

テーマ別に探す

マーケティングオートメーションの最新動向を追う【前編】「Oracle Eloqua」と「Salesforce1 ExactTarget Marketing Cloud」

2014/04/23 00:00

 大手ITベンダーが「マーケティング自動化」ツールの買収に積極的に動き出している。本記事では、谷川耕一氏がツールの特徴を比較しながら各社のねらいを整理する。前編としてオラクルとセールスフォース・ドットコムを取り上げる。(この記事は、MarkeZineからの転載記事です)

マーケティングオートメーションの現在

 かつては、製品価値を広告などで訴求するのがマーケティングの役割だった。製品説明を行い見込み顧客に検討・購入してもらうプロセスは営業が担当。ところがいまは、価値を訴求し、見込み顧客が購入検討するところまでマーケティングがカバーすべきだ状況だ。なぜなら、6割近くの顧客は営業担当と会う前にすでに何を買うかを決めているからだ。

 顧客自身がインターネット検索などで製品の詳細を調べ、ソーシャルネットワークなどから評判の情報もすぐに得られるから、マーケッターが適切なタイミングで適切な情報を発信していなければ顧客は製品を選んでくれないのだ。

 このようにデジタル化によって拡大したマーケティング活動をなんとか効率化したい。それを実現するのが「マーケティングオートメーション」だ。デジタルの力を活用してマーケティング活動を自動化し、効率よく購買に結び付ける。そのために利用できる各種ツールがいま多数登場している。

大手ITベンダーの間で激化する買収攻勢

 とはいえ、それらはまだまだニッチな存在であり、マーケティング実務に携わるごく一部の人しか関心を示さなかった。それが昨今変化しつつある。きっかけは、2012年12月にマーケティングオートメーション用SaaSサービスを提供していたEloquaのオラクルによる買収だろう。それ以前にも、IBMがいち早くキャンペーン・マネジメント・ソフトウェアの「Unica」を2010年8月に買収している。

 さらに2013年に入り6月にはアドビ システムズがクロスチャネルのキャンペーン管理技術の「Neolane」、7月にはセールスフォース・ドットコムがマーケティングオートメーションやキャンペーンマネジメント機能を持つ「ExactTarget」の買収へと続いた。これらにより、エンタープライズITの世界でもマーケティングオートメーションという言葉が普及しつつある。

 今回、これら大手ITベンダーがマーケティングオートメーションのツールやサービスを取り込み、いったいどのような戦略を立てているのか、そして各社のソリューションにはどのような特長や強みがあるのかをレポートする。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター ブレインハーツ取締役。AI、エキスパートシステムが流行っていたころに開発エンジニアに、その後雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダの製品マーケティング、広告、広報などを経験。現在は、オープンシステム開発を主なターゲットにし...

バックナンバー

連載:マーケティングオートメーションの最新動向を探る

この記事もオススメ

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5