Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)テクノロジーでビジネスを加速するための実践Webメディア

テーマ別に探す

OfficeとSharePointをコアに情報マネジメントを革新する-米AvePoint イーCEO

2015/12/07 06:00

 Microsoft SharePointにコンプライアンスやデータガバナンス機能を提供することでビジネスを拡大してきたAvePoint(アブポイント)。すでに全世界で14,000の企業や組織、300万のOffice 365ユーザーに対し、コンテンツおよびコラボレーションプラットフォームのガバナンス強化とリスク軽減ソリューションを提供している。同社の共同創業者で製品戦略と開発の責任者でもあるCEO テン・イー氏に、クラウド時代のコンテンツコラボレーションとリスク管理について話を訊いた。

SharePointがあったからAvePointは成長した

――AvePointを設立した経緯について教えてください。

テン・イー氏:AvePointは創業者のシュンカイ・ゴン共同CEOと2001年に設立しました。当時は米国同時多発テロ事件が発生し、ネットバブルが崩壊した頃です。ゴンとは彼がルーセントにいた時に出会いました。そんな時期だったこともあり、彼はルーセントを辞めて何か新しいことをやろうとしていました。

AvePoint CEO テン・イー氏

米AvePoint 共同創業者/CEO テン・イー氏

 当時はMicrosoftのExchange Serverが企業に普及しており、IT部門はそのバックアップをどうするかという課題を抱えていました。とはいえ、その分野のマーケットはすでに飽和状態で、後から参入してもビジネスがうまくいかないことは明白でした。

 一方で、その頃Microsoft SharePointの前身となるプロジェクトTahoeが発表されました。この新しい製品ならビジネスチャンスがあると考え、SharePointのサポートビジネスを考えました。結果的にはSharePointに注力してきたことで、Microsoft製品を扱うISVとしてはグローバルでもかなり大きな会社に成長しました。

 AvePointは、SharePointがあったからこそ今の規模にまで成長できたと言えます。しかし、4年前からはSharePointだけでなくMicrosoft Officeとの連携にも力を入れています。Microsoft自身もOfficeとSharePointを組み合わせて、エンタープライズ・コンテンツ管理(ECM)の市場に売り込み始めています。

――企業において情報共有やコンテンツ管理は、ここ最近どのように変化しているのでしょうか?

テン・イー氏:長い間SharePointをサポートしてきた経験から、コンテンツ管理はDLP(Data Loss Prevention )とGRC(Governance, Risk and Compliance)を重視するようになるのが見えていました。そこで、AvePointではそれに対応するための製品開発に投資してきました。

 もう1つの傾向が、レガシー化したECMプラットフォームからの移行が始まっていることです。これにもDocumentumやNotesなど16種類の移行元からSharePoint Serverへ移行するためのツールを提供しています。移行についてはクラウド化の流れもあります。その道筋も語れるのがAvePointのソリューションでもあります。いかに安く移行するかではなく、レガシーから情報を集め新たな活用ができるかが重要です。

――ECM領域で起こっている変化の中で、AvePointの強みはどんなところでしょう。

テン・イー氏:レガシーなECMも新しいクラウドも理解しているところです。クラウドは、AvePoint自らが大規模なクラウドサービスであるAvePoint Online Servicesを提供しています。さらにOffice 365のSaaS上のツールでデータガバナンスも提供しています。SharePoint Onlineだけでなく、Microsoftのオンラインサービスを全方向でサポートしているのです。

 Microsoftのクラウドのユーザーは1億1,200万を超えています。とはいえその全てがサービスを活用しきれているわけではありません。すでにOffice 365のユーザーのうち300万ユーザーをAvePoint Online Servicesでサポートしています。まだアクティブでない顧客をこれからどんどんサポートしていきたいと考えています。オンラインのポテンシャルはかなり大きなものがあると考えています。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 渡黒 亮(ワタグロ リョウ)

    EnterpriseZine(Security Online/DB Online) 編集長 大学院を卒業後(社会学修士、中学・高校教諭専修免許状取得)、デジタルマーケティング企業にてデータアナリストとしてCRM分析・コンサルティング業務に従事。2007年4月翔泳社入社。ITおよびビジネス書籍の編集...

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター ブレインハーツ取締役。AI、エキスパートシステムが流行っていたころに開発エンジニアに、その後雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダの製品マーケティング、広告、広報などを経験。現在は、オープンシステム開発を主なターゲットにし...

バックナンバー

連載:Security Online Press

もっと読む

この記事もオススメ

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5