Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

IoTの速さに、従業員の動きをどう追従させるべきか?

2016/01/05 06:00

 従来はヒトがパソコンを介してつながっていたインターネットに、ヒト以外のモノが直接つながるようになるのがIoTのコンセプトです。そこにヒトが介在しないため、リアルタイムに膨大なデータを集配信できるようになり、データが行き来する“速さ”は向上します。しかし、それだけではビジネスプロセスの“速さ”は向上しません。IoTをビジネスプロセスに組み込んだとしても、ヒトが関わることによりボトルネックとなるプロセスが必ず残るからです。今回は、IoT導入と同時に(ヒトの動きを含めた)既存のビジネスをよくする方法を紹介します。

ビジネスを変えたければ、”ヒトの動き”を変える

 まず、IoTによりビジネスモデルを変革させた1つの例を紹介します。これまで顧客に機器(モノ)を導入していた企業が、ただ売るのではなく安定稼動の仕組みまでを顧客へ価値としてサービス提供するようになるビジネスモデル変革のケースです。

 IoTにより顧客企業に設置した機器(モノ)の稼働状況をリモート、リアルタイムで把握することで、何かしらの問題の予兆があれば事前に対応することができ、機器(モノ)の安定稼働をサポートできるようになります。

図 1 ビジネスモデル変革の例

 このケースでは、予兆情報が現場のフィールドサポート担当まで迅速に届く必要があるのですが、これは一筋縄では実現しません。多くの企業において、フィールドサポート担当がアサインされるまでのプロセスは、コールセンタ(故障受付) → 地域マネージャ → 現場のフィールドサポート担当といった多段になっています。全国展開しているような企業ではメンテナンスを実施するフィールドサポートは地域単位に実施されていて、ここでいう地域マネージャとは各地域のフィールドサポートを統括する担当者です。

 この全体のプロセス――地域マネージャやフィールドサポート担当といったヒトの動きを――IoTに合わせて見直さないことには、いかに早くに予兆を把握したとしてもプロアクティブなメンテナンスは実現しません。

 本連載ではIoTを活用したビジネスモデル変革のために情報システムの全体デザイン(エンタープライズ・アーキテクチャ)がどうあるべきかを紹介しています。その中で、今回はモノとヒトの動きと、データ・アーキテクチャに着目します。(連載の全体像については、第1回「IoTでビジネスモデル変革に成功している企業の共通点」をお読み頂ければ嬉しいです。)

図 2 今回のスコープ

 なぜ、データ・アーキテクチャに着目するのかというと、ヒトの動きがよい企業――つまり、オペレーションが洗練されている企業には、全体のデータ・アーキテクチャがしっかりしているという特徴があるからです。では、しっかりしたデータ・アーキテクチャとは、どのようなものでしょうか。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 安田 航(ヤスダ ワタル)

    NTTテクノクロス株式会社 EAストラテジスト NTTソフトウェア入社(現社名、NTTテクノクロス)以来、エンジニア、ITコンサルタントとして活動。EA(エンタープライズ・アーキテクチャ)手法を駆使したIT戦略/グランドデザインの策定と推進に多数の実績を持つ。日本企業の縦割り的な情報システムの...

バックナンバー

連載:IoT時代のエンタープライズ・アーキテクチャ入門
All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5