Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)テクノロジーでビジネスを加速するための実践Webメディア

テーマ別に探す

ラリー・エリソンがOracle CloudとAWSのデータベース性能を徹底比較、その真意はどこに?

2016/09/29 05:00

 先週はOracle OpenWorldの取材のためにサンフランシスコに行っていた。OracleがIaaSの市場に本気になりAmazon Web Services(AWS)を名指しでライバル視したことが今回もっとも大きな話題だった。ところでCTOとなったラリー・エリソン氏がIaaSをやると言ったのは、昨年のOracle OpenWorldのことだった。この時は、SaaSを始めたらカスタマイズなどのためにPaaSが必要になり、さらに顧客の既存のIT資産を活用するにはIaaSも必要になるからやるのだと。なのでどちらかと言えば、顧客が欲しいと言うからIaaSも「仕方なく」やるのだという雰囲気もあった。とはいえ、やるからには価格的にも競争力のあるものを提供するとラリーは主張していた。

データベースのベンチマーク比較でAWSを徹底攻撃

AWSに牙を剥いたラリー
ついにAWSに牙を剥いたラリー

 それから1年の時が過ぎ、今年はラリーが王者AWSに食ってかかって見せた。以前は、世の中にあるさまざまなクラウドの中で、「Elastic(伸縮性)」のある本物のサービスはAWSとOracleくらいだと言っていたのに。ここに来て今まで賞賛こそすれ、ライバル視してこなかったAWSに牙を剥いたわけだ。

 今回徹底的にラリーがやり玉にあげたのが、価格もさることながらクラウド上で動くデータベース性能の部分だった。まあ、データベースのOracleなのだから、ここは一歩も譲ることができないのだろう。別の面から捉えれば、IaaSで勝負すると言いながらも比較したほとんどはデータベース性能の部分だったのだ。

 まず取り上げたのが、AWSの上でOracle Databaseを最も速く走らせられる構成とOracle CloudでOracle Databaseを走らせた場合の比較だ。「Oracle CloudはAWSの24倍の速度が出る。これはOracle Cloudであれば1時間で済むものが、AWSだと24時間かかることだ。この速度の差はコストでも大きな差となるだろう」とラリー。この比較は、データベースのアナリティクス処理の結果だ。

 まあ、これは、自社のIaaSなのだからOracle Databaseに最適化されているのも当たり前だ。ではAWSのアナリティクスのデータベースサービスであるRedshiftと比較するとどうなるのか。これについても、105倍Oracle CloudのDBaaSのほうが速いとラリーは言う。さらにOLTPの処理でも比較し、Amazon Auroraに比べOracleのDBaaSは35倍速いと言う。これらのベンチマーク結果は、すべてWeb上で公開しているとラリーは豪語する。

 Redshiftがなぜ遅いのか。それは2005年と言うすでにかなり古いPostgreSQLのバージョンからフォーク開発された製品をAWSが買収し手を入れたものだからだとラリーは説明する。さらにOLTP用のAuroraもMySQLのフォークであり、両者ともAWSでしか動かないと指摘する。「Auroraと違いMySQLならどこででも動く。MySQLベースのAuroraは、何らOSSのコミュニティに貢献していない。そのテクノロジーはシングルスレッドのレプリケーションとかで、20年は遅れている。35倍遅くても良いのならAuroraでもいいだろう。でもAuroraはAWSしか動かない」とラリー。AWSはIBMメインフレームよりクローズであり、いったんその世界に入ったらなかなか出られなくなるとも言う。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター ブレインハーツ取締役。AI、エキスパートシステムが流行っていたころに開発エンジニアに、その後雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダの製品マーケティング、広告、広報などを経験。現在は、オープンシステム開発を主なターゲットにし...

バックナンバー

連載:週刊DBオンライン 谷川耕一

もっと読む

この記事もオススメ

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5